緊張すると気持ち悪くなる(パニック障害)で来院された10代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

5ヶ月前に夏祭りに出た時に、胸や喉がつまる感じと同時に気持ちが悪くなり酷く体調を崩した。2週間ほどで体調は回復し、気持ち悪さなども一切出ていなかったのだが3ヶ月ぐらい前から突然、その時に感じた気持ち悪さや喉のつまり感を感じるようになり、病院へ行っても原因がわからないため来院した。

一時期に比べると若干マシにはなってきているが、出かけようと思った時から気持ち悪くてはきそうになる。

鍼灸は今回初めての受診である。

 

緊張すると気持ち悪くなる(パニック障害)で来院された10代男性(浜松市)の症例

<施術内容と経過>

カウンセリングからは特に上司が嫌いとかではないとのこと、検査を行ったがそれらしい反応がない為、上司というよりもストレスがかかっているときに多く動悸を感じているようである。

自覚的な首肩こりはないが、首の筋肉のこりを調べてみると表面は柔らかいが深いところにこりがあり、それが原因で脳に十分な酸素と栄養が届かず自律神経が乱れて動悸が発生しているのではないかと推測し施術を開始した。

初回の施術直後は変化がよくわからないとのことであったが、2回目の来院時に、動悸を感じる頻度が減ったと報告を受ける。

そのまま首のこりの改善を主体に施術を行っていったところ、6回の施術で動悸を感じることがなくなり、施術間隔を開けていっても状態が安定していたため、8回の施術で卒業とした。

<まとめ>

パニック障害のような動悸発作のでかたをしていたが、本質的には首こりから自律神経が乱れてちょっとしたストレスで動悸が出ているという状態であり、心の問題ではない症例。

この方の場合は骨盤と背骨が不安定になっていたことで、首こりが発生したため骨の調整が主な施術方法となった。出ている症状ではなく、体がどんな状態にあるのかを丁寧に診ていくことが重要だと改めて感じた。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました