7.ストレス性障害

パニック障害、躁鬱、痙攣性発生障害などで薬が効かず不安と動悸、うつ症状で来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
社交不安障害は19歳、パニック障害は4年前、躁鬱と痙攣性発声障害は1年前に診断されており、痙攣性発声障害については手術を半年前に受けて喉にチタンを入れている。ここ1~2年ほど症状がひどく、常に不安、ソワソワ、焦燥感、息がしにくい(息苦しい)、声がつまって出しにくい、フワフワとした感じのめまい、体がだるい、気分が沈むが薬が効かず常に眠たいという状態が続いている為、来院した。

18歳の時に車で玉突き事故にあっており、産後から人間関係のトラブルで鬱やパニック障害になったとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
ADHDもあるため、話があっちこっちに飛んでいってしまうこともあるが、小さい時から親に精神的に追い詰められることも多かったようで、神経症の傾向がみられる。認知のゆがみも大きいため、認知の改善をしながら身体的に体を緩めて不安症状の改善を図っていく事とする。

初回
首こりも相当強いことから全身調整と脳への血流改善を目的に首周りの筋肉を緩める施術を中心に行った。施術後不安感が落ち着いてきた為、心理療法を行って施術終了。

2回目(一週間後)
前回の施術後から、不安感と息苦しさ、気分の落ち込みが落ち着いたとのことで、多少焦燥感はまだ出るが来院前は飲んでも変化しなかった薬を服薬するとほとんど症状が消える状態まで改善。引き続き全身調整と首周辺のこり改善、心理療法を行った。

3回目(一週間後)
今週は残っていた焦燥感も出ることがなくなり、気分も前向きになりだるくて動けないということもなくなったとのこと。めまいや眠さも取れて活動的になってきているとのこと。全身調整、首こり改善、心理療法。栄養指導を追加。

4回目(一週間後)
体調良く過ごせており、安定しているとのこと、カウンセリングしていて感情が未処理になっている部分があったのでそこに対しては心理療法を行った。全身調整と首こり改善。

5回目(二週間後)
二週間あけたが状態も安定している。来院当初は声が時折かすれるような感じがあったのだが、カウンセリングしていても痙攣性発声障害の声の出ずらさもリラックスできることで改善されてきているようである。心理療法。

6回目(三週間後)
喉の調子もよく、気分も安定していて自律神経症状も辛いと感じることなく過ごせている。なんとなく抱えていた生きてていいという自信が持てなかったのが、楽しい気分を感じられるようになってきたとのこと。

7回目(一ヶ月後)
体調も安定しており、気分も良く過ごせている為、今回で卒業とした。

<まとめ>
きっかけとなったのはママ友トラブルであるが、過去の恐怖体験が根底にあり対人関係で攻撃を受けることで必要以上にストレスを感じて各主症状が出ていた症例。服薬については現在も継続はしているものの、急いで断薬をしていく予定はないとのことだったので、安定状態で卒業とした。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

自律神経の症状改善についてパニック障害について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

突然の家族の不幸のショックから体調不良になり来院された50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
4カ月前に突然家族に不幸があり、そのショックから不眠、食欲不振、不安感などの症状が出るようになり、体重もどんどん減る一方の為何とかしなくてはとのことで来院した。

ご飯が喉を通っていかない感じで、夜もほとんど眠れていない。昼間は後悔の念や自責の念がわいてきて、悶々と色々と考えてしまうのとほかの家族も失うのではないかという不安感でいっぱいになっているとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
強烈な精神的ショックから、自律神経が乱れてしまっているようである。身体も全身かなり緊張してしまっていることから、施術でリラックスしやすい状態にしつつも心理的なアプローチを並行して行っていく事とする。

初回
全身調整と内臓調整を行ってから、背骨と首肩を中心にはりを行って全身のこわばりを緩める施術を行った。自分を責めてしまうことでより辛くなってしまっているようなので、失った家族について考えてしまうのをなるべく少なくするための心理療法を行った。食事に関しては喉に通りにくい時の食事の仕方を指導した。

2回目(一週間後)
前回の施術後から、眠剤を飲んでも全く眠れなかったのが眠れるようになったとのこと。食事も少し食べられるようになっている。昼間に一人になると色々と考えてしまうのと、他の家族が悲しんでいる姿を見て苦しくなってしまっている。心理療法を行う。

3回目(一週間後)
前回の施術後から、強い不安感に襲われることがなくなり、軽い不安感が出たりでなかったりという状態。食事も美味しくはないものの食べることが出来ている。薬を飲みながらではあるが夜も眠れている。

4回目(一週間後)
一週間の間に1日だけではあるが一晩ぐっすり眠れた日があったとのこと。不安感も落ち着いてきている為、運動指導を行った。

5回目(二週間後)
食事もとれている為、体重が徐々に増加傾向になってきたとのこと。家族が眠れていないのを見ると色々考えてしまって辛くなってしまっている為、心理療法。

6回目(二週間後)
食事も睡眠も不安感も落ち着いており、体調は良い状態で過ごせていた。話をしていて若干、無感情になっている感じがある為、次回まで状態が安定していれば一時的に無視してもらっていた勘定の処理を行っていく事とする。

7回目(二週間後)
常態はまずまず安定している。無感情になっていないか自覚を確認したところ、無感情になっていたため封じ込めている感情を引き出して処理する心理セッションを行った。

8回目(三週間後)
前回よりも無感情は改善してきたがそれによって、再び自責の念が強くなっていたため感情を引き出して心理療法を行った。

9回目(一ヶ月後)
体調も良い状態で安定している為、今回で卒業とした。

<まとめ>
心理的ショックが大きく影響して自律神経が乱れていた症例。幼少期に心理的成長を十分に行える環境ではなかったことも影響して必要以上に自分自身を責めてしまったり、周囲の人の苦しみまで背負い込もうとしてストレス過多になっていたため、施術である程度体調が改善してからは心理療法を中心に行っていった。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

自律神経の症状改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

仕事のストレスから不定愁訴と動悸、息苦しい、手の震え、不安感で来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
動悸は2年前から疲れた時や寝不足などに感じることはあったが、動悸、息苦しい、手の震え、不安感などが出るようになった。仕事のストレスから閉鎖空間や一人でいたり、運転中などにこれらの症状が悪化する。

体調の異変に気が付いて現在は仕事をやめて療養中ではあるが思ったように回復せず、日常生活でも疲労感やだるさ、やる気の低下などの不定愁訴が出ている。

精神科で、ストレス性障害との診断を受けている。

自動車の運転が出来ない為行動範囲が狭まってしまい、このまま治るか不安で、仕事も復帰できるのかと色々悩んでいる。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
通常ストレス性障害はストレスの原因が取り除かれたり、休日になると体調が改善するといわれているが、仕事をやめて療養中にもかかわらず体調不良が継続している為、自律神経が正常に機能していない状態が常態化しているようである。運転できないなどパニック障害にみられる症状もあるが、自律神経を整えていく事で改善されていくのではないかと思われる。

初回
呼吸がかなり乱れている為、全身調整と内臓調整で呼吸筋周辺の筋肉を緩めたうえで、呼吸法を伝える。性格的にこだわりが強いため、カウンセリング中心に行っていく。

2回目(一週間後)
動悸、不安感、息苦しさなどは出てはいるが、全体的に症状が弱くなってかなり過ごしやすかったとのこと。カウンセリングをしていると実家の家族との人間関係にもストレスがあるようである。全身調整と内臓調整。

3回目(一週間後)
閉鎖空間、運転などのストレスを加えることはなかったのだが、日常生活では不安になったり、動悸、息苦しさは感じることがなかった。ネガティブな思考にもなりにくくなってきている。全身調整と内臓調整。

4回目(一週間後)
奥さんが助手席にいる状態で、すいている道路であれば多少の緊張感は発生するもののパニック発作が出ることなく運転が出来たとのこと。全身調整と内臓調整。

5回目(二週間後)
途中で実家の両親と喧嘩することがあったが、怒りの感情が暴走している感じはあるが体調そのものが悪くなっている感じはなく過ごせている。渋滞しているところも運転できた。全身調整と内臓調整。

6回目(三週間後)
体調は良く過ごせており、運転もできている。高速道路などは乗っていない為わからない。来月引っ越し予定とのこと。

7回目(一ヶ月後)
まだ、一人で自由にどこにでも行けるという状態ではないが、日常生活上は不便ない程度まで運転もできている。引っ越しで遠方に行くため、今回で卒業とした。

<まとめ>
運転できないなどのパニック障害の克服には、暴露療法(繰り返し苦手なものに接触する)をしていく必要があり、運転しなくても生活できてしまうとなかなか練習をしてもらえないのだが、奥さんがとても協力的で、比較的早い段階から暴露療法を積極的に行えたことで、スムーズな改善につながった。

ここまで改善していると、あとは地道に適正な刺激量の暴露療法を行っていけば元通りの水準まで改善していく事が可能だと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

更年期障害に加えて、半年前から動悸がするようになって来院された50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
ずっと更年期障害があり、体調が悪い状態が日常化しているのだが、半年ぐらい前から動悸がするようになり、ここ一週間ぐらいさらに動悸がひどいため来院した。

特に朝仕事に行くときに動悸が辛い。循環器内科で心電図もとってはみたが多少の不整脈はみられるものの正常と診断されている。安定剤を処方してもらい服薬すると若干マシにはなるとのこと。 続きを読む

ストレスから原因不明の喉の違和感(ヒステリー球)が出るようになり来院された50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
1年前に乳がんが見つかり、治療を開始し、半年ほど前には手術を行った。同時に父親が他界し心理的なストレスが続いていたところ喉に違和感を感じるようになった。呼吸器内科、消化器内科で診察を受けるが特別異常は見つからない為来院した。

常に喉に魚の骨が刺さっているような感じがあり、イガイガ感やひりひりなどの症状が出ている。緊張状態がずっと続いているような感じで、手足の発汗が非常に出やすいとのこと。首こりがひどくて方がずっと重たい状態。 続きを読む

胸の痛み・違和感と緊張時の手汗、首のこりで来院された40代男性(焼津市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
半年前から突然胸に痛みと違和感が出るようになり、心臓が悪いのではないかと思いすぐに病院を受診してポータブル心電図まで行ったが異常はなし。胸の痛みと違和感が取れずに毎日苦しいとのこと。

以前から首こりがひどく、職場などで緊張すると異常なほどの手汗を書くようになってしまった。現在は休職している。 続きを読む

首肩こり・腰痛・手首の痛み・足のしびれなどの全身症状で来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
腰の痛みがひどくて既に一カ月程度ほとんど動けていない状態で家族に支えられながら来院した。カウンセリングをしていると首肩こり・手首の痛み・足のしびれといった単純に腰痛だけでは説明がつかないような症状を複数抱えているとのこと。

症状が出てきた経過を聞いているとストレス性の症状の特徴(症状が移動したり突然消えたり、気分が落ち込むとひどくなったり)を持っていることから、ストレス性の身体表現ではないかと思われる。

続きを読む

恐怖、動悸、不眠、頭痛、息苦しさ、移動性の痛み、内臓の痛みなどの自律神経症状で来院された10代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
風疹のワクチン接種を行った際に迷走神経反射から脳貧血を起こして倒れ、そのことがきっかけで不安や恐怖が強くなり、右胸の痛み、動悸、息苦しい、血の気が引く、大腸がひりひりする、頭痛、肩こり、ざわつき感、耳鳴り、不眠、移動性の痛みなどの自律神経症状が出てくるようになり、母親に連れられて来院した。

不安感が強くなっているようで、夜になると体の状態が気になって眠れない状態。不安感や恐怖感が強くなると震えてしまったりもする。 続きを読む

5年前から徐々に悪化してきている胸の苦しさで来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
5年前ぐらいから胸に違和感や締め付けられるような苦しさを感じるようになり、徐々にひどくなって心療内科で自律神経を整える薬を処方されて服薬している。

胸の違和感は24時間ずっと感じている状態で、症状が出始めてから長いため少しでも楽になるのならということで、来院した。 続きを読む

めまい、吐き気、気分の落ち込み、リストカットで来院された10代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
父親を2年前に亡くし、その辺りからだんだんと体調不良を訴えるようになってきたとのことではあるが、ちょうど同じ時期に学校で人間関係のトラブルに巻き込まれて、現在は不登校の状態になっている。

一ヶ月以上めまい、吐き気、気分の落ち込みといった症状が出て憔悴してきている様子。

終始うつむいた状態であまり受け答えもできていない状態。左手首に最近行ったリストカット傷がある。病院の診断ではパニック障害とされたようではあるが、特別過呼吸などのパニック発作が出ているというわけではなく、感情が高ぶって抑えられなくなることがあるようである。

続きを読む