右側の頭痛とめまいで仕事を休職中の50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
元々、頭痛やめまいが出ることはあったが、先月ぐらいから頭痛もめまいも毎日出るようになり、やむを得ずに学童の仕事を休職している。脳神経外科や耳鼻科にかかって投薬治療をしていたが、だんだん薬の効きも悪くなっているのと、ひどくなっているような感じがするとのことで、当院へ来院された。

ここ一か月間頭痛も、めまいも治まった日がないため、このままだったらどうしようという不安感が強く出ている。

今回、初めて鍼灸を受ける。

 

<施術内容と経過>
頭痛は右半分が特に痛いとのことだが、痛みの出方が拍動性ではない(心臓の鼓動に合わせた痛み)ので、おそらく首に問題があり、緊張型頭痛が慢性化しているものと思われる。首のこりがひどくなったことで、三半規管へ通じる動脈が圧迫を受けてめまいも発生させているのではないかと思われる。

初回
首こりがひどいので、身体のゆがみの調整と内臓の機能調整を行ったところ、首の筋肉が柔らかくなった。カウンセリングをしていて、何もかも自分でしなくてはいけないという背負い込み型の性格をしていたので心理療法でリフレーミングをして、なるべく周りに頼るように伝える。施術後は頭痛は消失。めまいも軽減した。

2回目(一週間後)
頭痛もめまいも今までの半分ぐらいまで症状が軽くなり、毎日多少感じるものの全く感じない時間と半々ぐらいになっている。同じく首のこりを改善していく。

3回目(一週間後)
めまいはほとんど感じることがなかったのだが、頭痛だけはまだ2~3回発生したが寝込んだり薬を飲むほどの頭痛ではなかった。(施術内容同じ)

4回目(一週間後)
頭痛は今回全くでなかったが、今まで感じていためまいとは違う目の奥がフワっとするような感じがあるとのこと。(施術内容同じ)

5回目(二週間後)
施術間隔をあけたが、頭痛は全くでない状態が維持できている。目の奥のフワっとするような感じが残っており、首そのものは柔らかいため再度詳しく話を聞いて行くと旦那さんの仕事を手伝ってデスクワークした後に状態が悪くなるとのこと。目を動かす動眼筋が固定されたのではないかと推測し、今までと同じ施術+動眼筋をゆるめる施術を行ったところ目の奥のめまい感は改善した。

6回目(二週間後)
若干、目の奥のフワっとした感じは残っているが、頭痛もめまいもなく調子よく過ごせている。動眼筋を緩める施術を加える。

7回目(一ヶ月後)
目の奥のフワっとした感覚もなくなり、頭痛、めまいも1度も発生しなかった。首こりの状態も良いため今回で卒業とした。

<まとめ>
動眼筋のこりによるめまいは、時々みられるのだが一般的なめまいと併発しているのは珍しい症例であった。背負い込む性格の癖を改善する努力を地道に行っていただいたおかげで、施術自体はそれほど難航することなく改善につなげることが出来た。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。