クロスバイクの転倒事故の後遺症による自律神経の乱れで来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にクロスバイクで転倒。その時は軽い打撲程度だと思っていたのだが、徐々に背中のはりや首の痛み、手のしびれ、自律神経の乱れからくる息苦しさ、パニック症状などが出るようになり来院した。マッサージなども定期的に受けているがあまり改善が見られない。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
交通事故などでよくみられるのだが、受傷した直後は問題がないものの、時間が経過してくるにしたがって交感神経(自律神経)が異常興奮を始めて首肩こりがひどくなってその状態が継続してしまっている状態である。通常であれば数週間ぐらいで自律神経は元の興奮状態へ戻ってくるのだが、あまりにも首こりがひどい場合にはそのまま自律神経失調症のような慢性的な症状へ移行していく。交感神経の興奮を鎮めることを目的にした施術を中心に行っていく事とする。

初回
交感神経の興奮を鎮める目的で、全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩めるという施術を行い施術終了。

2回目(一週間後)
前回の施術後から背中のはり、首の痛み、手のしびれ、息苦しさといったすべての症状が警戒した状態で過ごせていたとのこと。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

3回目(一週間後)
手のしびれは中指に少し残る程度でほとんどなくなった。背中のはりや息苦しさもほとんど感じることはなかった。首も痛みはなくなったがこり感が残る。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

4回目(一週間後)
かなり体調が良くなり、寝込むことがなくなっているとのこと。肩こりが若干出ている程度である。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

5回目(二週間後)
背中のはりが軽く出たりはするが、状態は安定している。

6回目(三週間後)
途中方が重かったり、腰が重かったりといった症状は出た。一度だけ症状が強く出た日があったがそれも自然回復した。

7回目(一ヶ月後)
問題なく元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
事故後の自律神経の乱れからくる症例。

交通事故など強い衝撃が体に加わるとそこから急激に交感神経が高まって自律神経失調症へと移行していく事があるが、事故後のケアが不十分でそのような状態で3年も経過していた症例。

事故後の初期に適切な対応をしていると、ほとんどの場合問題なく改善するのだが、今回の症例のように何年か体調不良が継続してしまうと自律神経系にダメージを負って無理が出来なくなるといったレベルの回復までが限界となるケースが多い。

幸い今回の症例では自律神経系へのダメージがそこまでひどく進行していなかったことが幸いした症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました