腰痛が原因で毎日頭痛に悩まされていた30代男性(湖西市)の症例

<初診時のカウンセリング>
学生の時から軽い頭痛が時々出ることはあったのだが、ここ数ヶ月で急に頭痛の回数が増えてきて、今は毎日頭痛があり、1週間に3~4日程度は痛み止めを飲まないと過ごせないぐらいの強い痛みが出ている。頭のてっぺんから頭の前の方が痛い。

自覚的に肩こりもあり、薬で抑え続けるよりも根本的に良くしたいとのことで当院へ来院した。

鍼灸は今回初めて受診する。

頭痛

<施術内容と経過>
一見すると、肩こりからの頭痛と考えられるのだが、体を診させて頂くと腰の周辺の筋肉が非常に緊張しており、話を聞くと元々腰痛をもっていたらしく腰痛の症状が出なくなったぐらいから肩こりが悪化したとのこと。おそらく、腰が原因で肩こりを引き起こし、そこから頭痛になってきていると考えて施術を開始する。

初回
体全体のゆがみを整えてると肩こりが2割程度改善するがまだかなり緊張しており、腰周辺の筋肉の緊張を緩めたところ方の筋肉が柔らかくなった。あとは鍼で全身をゆるめて施術終了。施術終了後、今日でていた頭痛は感じなくなったとのこと。

2回目(一週間後)
前回の施術の後、家に帰ってから再び頭痛が出てきたとのこと。腰の筋肉自体は前回の施術前に比べて柔らかくなっている為、筋肉の張力のバランスが変わって頭痛が出たと判断。体全体のゆがみを整えてから、腰周辺の筋肉の緊張と肩甲骨の下ぐらいの高さの背骨周辺に筋肉の緊張があったため緩める。全身を鍼で緩めて施術終了。

3回目(一週間後)
前回の施術後、頭の重さを感じることはあったが頭痛が出ることはなく過ごせていた。肩甲骨周辺の筋肉の緊張は改善していた為、腰周囲と全身を鍼で緩めて施術終了。

4回目(一週間後)
施術後も調子よかったが、週後半にかかるにしたがって軽い頭痛が出てきた。今まで感じなかった腰痛を感じるようになってきたとのこと。おそらく腰の緊張が改善されてきたことで、本来の腰痛が再びわかるようになったようである。腰周辺の筋肉と全身を鍼で緩めて施術終了。

5回目(一週間後)
頭痛も腰痛もほとんど感じることなく過ごせていた。腰周辺と全身を鍼で緩めて施術終了。施術間隔を広げる。

6回目(二週間後)
仕事の終わり頃に軽い頭痛を感じることはあるが、ひどい頭痛は感じることなく2週間過ごせていた。腰周辺と全身を鍼で緩めて施術終了。

回目(三週間後)
頭重感は出ることはあるが、頭痛まで行くこともなく過ごせている。全身を鍼で緩めて施術終了。

8回目(一ヶ月後)
頭痛もなく過ごせていたとのこと。全身状態も良い為、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
腰痛が原因の頭痛の症例。

身体の痛みは悪いところではなく、最も負担がかかっている場所に発生することが多く、元々は腰が受けていた負担を首や肩が肩代わりするようになって頭痛になってきていた。原因となる筋肉の緊張がどこにあるのかを、全身を通してみていくことがやはり重要であると再認識した症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

SNSでもご購読できます。