細胞レベルで代謝を落とす、間違った深呼吸していませんか?

間違った深呼吸していませんか? 呼吸

こんにちは、佐野です。リラックスするためには深呼吸をしましょう。緊張した時は深呼吸。自律神経を整えるのにも深呼吸と、色々なところで深呼吸といわれます。しかし、医学的に考えると間違った深呼吸が定着しているので、今日は間違った深呼吸についてなぜ間違っているのか?徹底的に解説していきます。

結論:大きく肺いっぱいに空気を取り込む呼吸は間違った深呼吸です。

深呼吸というと、TVのメディアや雑誌などでも紹介されることが多いのですが、医学的に考えると得たい効果と紹介されている呼吸の方法が間違った状態で、深呼吸に関する情報が定着してしまっています。

一般的に言われる大きく肺いっぱいに空気を取り込む深呼吸は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患を持っている方が行うのにはお勧めできる呼吸法であると考えられます。

しかし、それ以外の人の場合は、単純に細胞の酸欠を促進して、代謝が低下してしまうので、積極的に行うような呼吸法ではありません。

大きく肺いっぱいに空気を取り込んではいけない理由

呼吸をする目的は、酸素を取り込むこと、そして余分な二酸化炭素を吐き出すことです。肺で取り込んだ酸素を最終的には細胞へ届けること。それが呼吸です。

酸素が不足すると、酸欠で死んでしまうというのは皆さんご存じかと思います。

しかし、二酸化炭素が不足しても細胞レベルでは酸欠を起こしてしまうということはご存知でしょうか?

地球温暖化のイメージもあり二酸化炭素は悪いものというイメージがついていますが、二酸化炭素は人体にはなくてはならない重要な物質です。

どういうことかというと、酸素は赤血球に張り付いて運ばれますが、赤血球から細胞に酸素が渡される際に、二酸化炭素が必要となるからです。

最終的に酸素を細胞に運ぶために、呼吸をしているわけですが、二酸化炭素が不足してしまうと、肺から酸素は取り込まれていて、赤血球にも酸素がたくさんあるのに、肝心の細胞へ酸素が供給されなくなってしまいます。

つまり、大きく肺いっぱいに空気を取り込む呼吸を行うと必要な量の二酸化炭素まで体の外へ吐き出してしまいやすくなるため、細胞レベルでは酸欠を起こしてしまうのです。

この二酸化炭素不足がひどくなったものが、過換気症候群(過呼吸)です。

これが、大きく肺いっぱいに空気を取り込む呼吸がいけない理由です。

大きく呼吸しても取り込める酸素の量は変わらない

指先につけて酸素の飽和度を調べる機械が市販されていますが、実際に計測すると健康な肺を持っている人であれば、普通の呼吸をしていれば酸素飽和度は95%以上(ほとんどの人が、98~99%と表示されます)で大きく変化しません。

既に完璧に近いレベルで酸素を取り込めています。

改めて大きく呼吸することで得られるメリットは、「呼吸筋のストレッチ」と「交感神経と副交感神経を同時に刺激」することです。イメージされているような、酸素を多く取り込めるわけではありません。

二酸化炭素が増えると代謝が上がる?減ると代謝が下がる?

血液中の二酸化炭素濃度に比例して、細胞への酸素の取り込みが促進されます。(ボーア効果といいます。)

簡単に言えば、適正範囲内であれば、体内にある二酸化炭素が多ければ多いほど、細胞の隅々まで酸素が行き渡りやすくなるということです。

人の細胞は酸素を作ってエネルギーを作り出しますので、細胞への酸素の供給量が増えれば、原理上は代謝は向上し、細胞がより多くのエネルギーを利用して、元気に活動を行えるようになります。

逆を言えば、過換気症候群(過呼吸)ほどの状態ではないにしても、体内にある二酸化炭素が少ない状態であればあるほど、細胞へ届けられる酸素が少なくなり、細胞が利用できるエネルギーが少なくなり、細胞一つ一つ代謝が低下します。

他にもある二酸化炭素の健康効果

二酸化炭素には脳血流量を増大させる効果があります。体内の二酸化炭素濃度が適正になると、脳への血流が良くなり、頭が働きやすくなります。

その結果、心理面で安定、やる気の増加、神経疲労の軽減、睡眠の質の向上など、様々な恩恵が受けられるようになります。

※二酸化炭素の吸引は危険なので行わないでください。

まとめ

・大きく肺いっぱいに空気を取り込む呼吸は、細胞レベルの酸欠を誘発しやすい。

・大きく肺いっぱいに空気を取り込んでも、取り込める酸素の量は変わらない。

・二酸化炭素を吐き出し過ぎると、細胞レベルの酸欠が発生しやすくなる。

・適正範囲内であれば、二酸化炭素の量に比例して、細胞の代謝向上が期待できる。

・脳血流増大にも二酸化炭素は役立つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました