職場にいると恐怖感が強くなりパニックになる症状で来院された20代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
職場に行くと自分でも理由はわからないのだが、不安感と恐怖感を感じてひどくなるとパニックを起こして震えてしまうとのことで来院。

もともとてんかんを持っており、てんかん発作の前後で感情が不安定になるような感じはあるのだが、現在はてんかん発作の有無にかかわらず、職場に行くと不安と恐怖が強くなってしまうとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
症状的には日常的に脳内のセロトニンが不足しがちになっていて、ストレスがかかる場所(この場合は職場)にいくと脳内のセロトニン不足で感情を安定状態に保つことができなくなり、不安感、恐怖感を感じているのではないかと思われる。身体的には脳への血流増加と脳の興奮を鎮める施術を中心に行っていく事とする。

初回
全身調整と脳への血流改善を目的に首周辺のこりに対してはりを行った。脳が全体的に興奮している為、脳の興奮を鎮める施術を追加。来院時にあった不安感は消失した。

2回目(一週間後)
前回の施術後から、職場で震えが出ることはあるものの依然と比べて不安感や恐怖感の程度が下がっているとのこと。全身調整、首こり改善、興奮の鎮静化。

3回目(一週間後)
今週は一度もパニックを起こすことがなく、不安がよぎってもうまくやり過ごすことが出来ていた。全身調整、首こり改善、興奮の鎮静化。

4回目(一週間後)
途中一回てんかん発作が起き、その後から不眠になってしまい、それが影響して、職場に行くと午前中だけ不安感が強い状態になっている。全身調整、首こり改善、興奮の鎮静化。

5回目(二週間後)
一週間以上体調が良かったのだが、職場でトラブルが発生し、そのストレスから感情が乱れて調子が崩れてきてしまっているとのこと。心理療法を追加。

6回目(二週間後)
何とか職場の問題は解決されたようではあるものの、結局転職することにしたとのこと。

7回目(一カ月後)
新しい職場で働き始めたが、不安感、恐怖感などの体調は良い状態が維持できているとのこと。退職の際に嫌味を言われてその時から首こりだけが残っている。

8回目(一ヶ月後)
生理前にだけ若干感情が不安定になることがあったが、それ以外は調子よく過ごせていた。

9回目(一ヶ月後)
元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
肉体的な緊張、環境的な問題などが大きく影響してパニック障害or社会不安障害の症状が出ていた症例。

肉体の力が改善することで、今まで意見を言えなかった人が意見を言えるようになり、職場などで意見を言ってぶつかるというようなことは良く発生するため、そういった変化が出たのではないかと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。