一週間前の雨の日に起き上がれないほどの片頭痛がでて、来院された中3男子(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一週間ぐらい前の雨の日に突然両側の側頭部に脈打つような鋭い痛みの頭痛が出るようになり、起き上がることが出来なかった。

今まではそんなに強い頭痛を感じたことがなかったため、脳の検査も一通り受けたのだが異常がなく、中学生の為痛み止めもカロナールしか処方できないとのことで、他に方法がないか母親に連れられて来院した。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
頭痛が出るようになってから約一週間のみの経過の為、天気との因果関係はもう何回か雨の日に発生しないとはっきりとは言えないが、頭痛の特性が脈打つような鋭い痛みの頭痛という点が片頭痛の特徴と一致しているがわからない。

初回
全身調整と内臓調整を行った。首周りの筋肉の緊張がある部位にははりを行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後それなりに首肩は柔らかい状態になっており、天気も安定していたためか、頭痛が出ることはなかったとのこと。来週前半に天気が崩れる予報の為、そこで再発するようならまた来院するように話をして一旦様子見。

3回目(5カ月後)
2回目の施術の後から全く頭痛なく過ごせていたのだが、先週の曇りの日に再び同じように頭痛で寝込んでしまい来院した。今度は後頭部にも頭痛が発生していたたため首周辺の施術を重点的に行った。

4回目(一週間後)
数日雨が続いた日であっても頭痛が出ることなく過ごせていた。1カ月ほど間をあけて筋肉のこりが戻ってきていなければそこで卒業とする。

5回目(一カ月後)
この一カ月間は頭痛もなく過ごせていた。首肩周辺にこりも再発してきていない為、今回で卒業とした。

<まとめ>
天気連動型の片頭痛の症例。

片頭痛の発生からの来院が早かったこと、年齢的に体の回復力も高かったこともあり、通常よりも早く卒業して頂けた症例。

ある程度、片頭痛が定着してしまうと改善に時間がかかってしまうのだが、対応が早かったことが良かったと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました