寝違え後から朝に特にひどい回転性のめまいが発生して来院された40代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
2週間前に首を寝違えてからめまいが発生するようになり、来院した。

めまいは回転性のめまいで特に朝がひどいが、調子の悪い日は一日出ている。耳鼻科に行って薬を飲むようになってから多少マシにはなっているが、薬が切れると元に戻るような状態を繰り返している。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
重たいものを頻繁に運ぶ仕事をされている関係もあり、身体所見としては首肩こりがひどく出ている。おそらく首肩こりがひどくなった結果寝違えが発生して、その際に筋肉のこりが急激に強くなり、耳に血流を送る血管が圧迫を受けて三半規管周辺への血流低下によってめまいが発生しているのではないかと思われる。

初回
全身調整と首にはりを行って筋肉の緊張を緩めた。腰もかなり固くなっており、連鎖して肩こりにも影響が出ているようである。

2回目(一週間後)
前回の施術後からは、朝だけめまいが発生してしばらくすると消えるようになった。昼間はめまいを感じることがなくなった状態で過ごせている。全身調整と首こり改善。

3回目(一週間後)
めまいは前回の施術後からは、時々出る程度まで改善した。それほど持続もせずに調子は良い。前回の施術後体のバランスが変わって腰痛が発生。全身調整と首こり改善と腰部の筋肉を緩める。

4回目(一週間後)
今週はまったくめまいを感じることなく過ごせていた。腰痛も施術後からは出ていない。全身調整と首こり改善。

5回目(二週間後)
二週間に施術間隔を広げたが、めまいも出ることなく安定して過ごせている。肩こりも楽で重たいものを持った直後だけこり感は出るが翌日には回復している。

6回目(三週間後)
調子よく過ごせていた。一カ月間間をあけて問題なければ次回で卒業予定。

7回目(一ヶ月後)
一昨日、子供と遊んで体を動かした筋肉痛があるだけで、この一カ月間は体調良く過ごせていた。身体所見も問題なさそうな為、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
首こりからめまいが発生していた症例。

めまいは大きく首こり、頭を動かさなかったことによる機能低下、心因性のどれかであることが多いが、首こりからくるめまいが最も原因としては多い。

重たいものを持つ仕事をされているので、途中物を持つときに体に負担がかかりにくい持ち方を指導したが、日常のダメージを減らすことが再発予防には重要になってくると改めて確認させて頂いた症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

めまい改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました