自律神経の乱れからうつ状態になっていた10代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
目の前が暗くなって頭が押さえつけられるような感じと、全身のだるさ、めまい、頭痛、肩こり、不眠と嗜眠を繰り返している状態が中学2年生ぐらいからではじめた。現在は高校1年生であるがほとんど学校へは行けていない。

小学校に入学したぐらいから活発だった性格が内向的になり、だんだん元気がなくなって病院ではうつ病との診断が出ている。

目の前が暗くなるような感じがあり、だるくて動くことが出来ない。めまいでふらふらすることもよくある。

今回、初めて鍼灸を受ける。

自律神経失調症

<施術内容と経過>
病院ではうつ病との診断ではあるが、体を診させて頂くとうつ病の所見がない為、どうやら自律神経の乱れからくるうつ状態に入っているだけであり、そのほかは自律神経の乱れからくる不定愁訴のようである。自律神経を整えることを中心に施術を開始する。

初回
身体のゆがみを整えて重心を安定させ、首周りの筋肉の緊張をゆるめてから、全身をはりで緩めて施術終了。

2回目(一週間後)
前回の施術後から3日ぐらいはだるさもめまいも楽に過ごせていた。少しだけであるが、目に光が戻ってきているような感じがある。首周りの筋肉の緊張をゆるめて、脳を鎮静化させる療法を行ってから、全身を鍼で緩めて施術終了。

3回目(一週間後)
目の前が暗くなる感じやめまいは3日ほど発生したが、4日間はまったく症状を感じることがなく、頭痛も出なかった。首周りの筋肉の緊張をゆるめて、脳を鎮静化させる療法を行い、全身を鍼で緩めて施術終了。

4回目(一週間後)
午前中にめまいが出る日が3日あったが、午前のみでひどく目の前が暗くなる感じがするという事もなく過ごせていた。今週は1回頭痛が発生した。全身を鍼で緩めて施術終了。

5回目(一週間後)
台風が来た時に体調を崩してしまいそれから、ぐずついたような状態ではあるが、笑顔も見せる為元の状態まで崩れたわけではなさそうである。全身を鍼で緩めて施術終了。

6回目(一週間後)
持ち直してきたようで、目の前が暗くなって若干のめまいを2回ほど感じたが、頭痛もだるさもなく過ごせている。今回から施術間隔を広げる。

回目(二週間後)
一度だけ頭痛が発生したものの、だるさ、めまい、目の前が暗くなる感じなどの症状は感じることがなく過ごせていた。全身を鍼で緩めて施術終了。

8回目(三週間後)
怪しい感じの時はあるが、はっきりと症状を感じることもなく過ごせている。全身を鍼で緩めて施術終了。

9回目(一ヶ月後)
雨が降った日に若干の頭痛が出る程度で、元気に過ごせているとのこと。学校にも行けるようになり、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
首肩こりから自律神経が乱れてうつ状態になっていた症例。

うつ病と診断されてはいたのだが、原因が自律神経の乱れによるものの為、うつ病としての対応では良くならなかったと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。