肩甲骨の間から肩首と頭痛の30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
中学生の時にフロントに頭を打ち付け肩甲骨から首にかけて痛みが出ていたことがあったのだが、その時は自然に消失したものの3年ぐらい前から同じ場所にコリと痛みが出るようになり、ひどいと頭痛もする。

最初は生理のときや天気が悪い日だけだったようであるが、最近は毎日こりと痛みを感じている為来院した。

鍼灸は今回初めて受診する。
肩甲骨の間から肩首と頭痛の30代女性(浜松市)の鍼灸症例

 

<施術内容と経過>
一度フロントに頭を打ち付けていることから、背骨の状態を診ていくと胸の骨(胸椎)に大きなゆがみがあり、当時は体の柔軟性が高かったため症状そのものは自然消失したものと考えられる。加齢と筋肉のこりが強くなってきたことで、今まで他の部位でカバーしていたものがなくなってしまい症状が出てきてしまっているものと考えられる。

初回
全身を鍼で緩めてから、骨盤、背骨の調整を行う。施術後は今回は施術終了

2回目(一週間後)
翌日までは痛みがなかったのだが、翌々日からまた同じように左のこりや痛みが出るようなってしまった。首に触れるとこり自体は前回よりも柔らかくなっているのだが、骨の位置のズレがはっきりとわかるようになった。骨盤、背骨の調整を行った上で、首肩を中心に鍼で全身をゆるめてから、
首の骨の調整を行い施術終了。

3回目(一週間後)
今回は徐々に左の首肩こりを感じるようになってきてはいるが、前の1週間よりも確実に楽に過ごせていた。骨盤と背骨は安定してきている為、首と肩を中心に鍼で緩めてから、首の骨の調整をして施術終了。

4回目(一週間後)
前回の施術後から痛みを感じることはなくなり、ツッパリ感が残るだけとなっている。首肩を中心に全身の緊張を鍼で緩めてから、首の骨の調整を行って施術終了。

5回目(一週間後)
前回よりは軽いものの今回も首のツッパリ感だけが残る状態で過ごせている。首肩を中心に全身の緊張を鍼で緩めてから、首の骨の調整を行って施術終了。

6回目(二週間後)
ツッパリ感が出たりでなかったりするが、それほど辛いと感じることなく過ごせている。首肩を中心に全身の緊張を鍼で緩めてから、首の骨の調整を行って施術終了。

7回目(二週間後)
時々、首肩がこる感じは出るが全体的には調子よく過ごせている。首肩を中心に全身の緊張を鍼で緩めてから施術終了。

8回目(一ヶ月後)
ストレスを受けた時だけこり感を感じたが、それ以外では調子よく過ごせていた。首の骨の位置も安定している為今回で卒業とした。

<まとめ>
首の骨のズレから首肩こりを感じていた症例。

首の骨がずれてしまっていることが原因の症状の多くは自然治癒することが少なく何らかの調整を必要とすることが多い。今回は首の骨を直接行う前に背骨や骨盤の安定性が必要だったため、症状が出ているところだけでなく全身を診ていく必要性を改めて感じた。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました