坐骨神経痛で孫が抱っこできないで来院された50代女性(磐田市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

4ヶ月前から、左のお尻から太ももの裏、ふくらはぎを通って指先にまで痺れが出るようになり、痛みと痺れで歩くことも辛い状態になり、友人の紹介で来院。

元美容師で現在は違う仕事をしているのだが、美容師時代から腰が悪く腰痛持ちでずっと来ており、今回の痛みも腰が痛くなったのが先にあってそれが引いたと思ったら突然痺れが始まって歩くことが難しくなってしまった。

痛みはじっと横になっていても消えず、疼き夜も十分に睡眠が取れない。

鍼灸院は初めての受診。

坐骨神経痛 50代 女性 磐田市

<施術内容と経過>

坐骨神経痛症状である。痺れや痛みが始まるお尻の辺りを指で押すと症状が悪化する。もともと腰痛持ちだったことを考慮して、腰椎周辺を調べると腰の骨に沿うように筋肉がへばりついて硬くなっているのを確認。その硬い場所を押し込むと同じように痛みと痺れが増すため、直接の原因は腰の深いところの筋肉の筋肉が緊張することで坐骨神経痛の症状を出しているのではないかと推測し、施術を開始。

骨盤と背骨の調整を行なって骨盤を安定させてから、腰の深いところの筋肉の硬い場所をゆるめるよう施術を行うと、その場で痛みが軽減し、立ち上がれるようになり、その日の夜から寝ていて疼くのはかなり楽になり、寝られるようになった。

その後も腰の深いところの筋肉をゆるめることと、坐骨神経の興奮を鎮める処置を組み合わせていったところ、5回施術で日常生活で困る痛みや痺れはでなくなり、計9回施術を行なったところで状態が安定したため、卒業とした。

<まとめ>

医学的には神経が圧迫されているだけでは、感覚異常しか発生しないとされている。(日本の整形外科学だけ神経圧迫=痛みと考えているが世界の標準はそのような考え方ではない。)今回の症例は、神経圧迫と同時に圧迫の刺激から神経が異常興奮を起こして痛みを引き起こしていたと考えられる。神経自体の異常興奮の原因を適切に処置することが大切と感じる症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました