首こり、肩こり

リウマチの誤診を受けそのストレスから息苦しさ、喉のつまり、食欲不振になり来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一カ月半前に関節リウマチの診断を受けたのだが、セカンドオピニオンで他の院で再検査を受けたところ誤診であることが判明。その間3週間ほど関節リウマチなのかもしれないという強いストレスがかかっていた。

リウマチの診断を受けた2週間後ぐらいから息苦しさ、動悸、焦燥感、不安感、胸の痛み、喉のつまり、食欲がない、頭痛、胃・下腹部痛がはじまって誤診であることがわかってほっとしたのだがこれらの症状が改善しない為来院した。

5カ月前に出産しており、現在授乳中で体調が悪くて子育ても満足にできないとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
リウマチの誤診を受けて不安になっていたストレスから自律神経に乱れが生じて不安障害(パニック障害)のような状態になっているのだと推察される。首肩こりもかなりひどい。話を聞くとワンオペ育児になっている感じもあり、それも影響しているのではないかと思われる。

初回
全身調整と首こり改善を行った。息苦しさがあるが過呼吸になりかけの息苦しさである為、呼吸法を伝えて練習してもらうと、その場で息苦しさは改善した。食欲がなく飲み込みずらいとのことだが、飲み込みづらい時の食事方法を指導した。

2回目(一週間後)
前回の施術後から、動悸、息苦しさ、喉の違和感は軽くなっている。不安が頭をよぎりやすい状態は継続している。食事は食べたいというレベルではないものの食べ方を変えてからは食べられるようになっている。運動療法を行うことで不安感の改善に対処していく。全身調整と首こり改善、心理療法を行った。

3回目(一週間後)
頭痛、胃・下腹部痛はそういえばこのところ出ていないとのことで、動悸、焦燥感、不安感、胸の痛み、喉のつまりも時々出る程度まで改善。運動するようになってから、食欲も少しずつ戻ってきている。

4回目(一週間後)
体調はだいぶ良いようで、息苦しさや喉のつまりが出そうかもとはなるものの実際には出ることなく過ごせている状態。

5回目(二週間後)
二週間あけたが、他の症状はほぼよかったが、胸の痛みは取れているのだがなんとなくもやもやした感じが残っているとのこと。鉄不足の可能性がある為、食事指導と旦那との関係でストレスを受けている感じがある為心理療法を行った。

6回目(三週間後)
胸の違和感も軽くはなってきているが、若干残ってはいる。鉄不足と考えてよいので栄養療法を継続してもらう。

7回目(一ヶ月後)
ストレスがかかった時だけ胸に違和感が出るが、それ以外では体調も安定しており、体調良く過ごせているとのことで、今回で卒業とした。

<まとめ>
元々体力がある方ではあるのだが、出産→ワンオペ育児→リウマチの誤診というストレスが重なりすぎたことが原因で自律神経が乱れて不安障害(パニック障害)の症状が出た症例と思われる。話を聞いて行くと自分で色々と背負い込んでしまう性格も関係している為、心理療法を並行して行っていく必要があった症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

自律神経の症状改善についてパニック障害について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

クロスバイクの転倒事故の後遺症による自律神経の乱れで来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にクロスバイクで転倒。その時は軽い打撲程度だと思っていたのだが、徐々に背中のはりや首の痛み、手のしびれ、自律神経の乱れからくる息苦しさ、パニック症状などが出るようになり来院した。マッサージなども定期的に受けているがあまり改善が見られない。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
交通事故などでよくみられるのだが、受傷した直後は問題がないものの、時間が経過してくるにしたがって交感神経(自律神経)が異常興奮を始めて首肩こりがひどくなってその状態が継続してしまっている状態である。通常であれば数週間ぐらいで自律神経は元の興奮状態へ戻ってくるのだが、あまりにも首こりがひどい場合にはそのまま自律神経失調症のような慢性的な症状へ移行していく。交感神経の興奮を鎮めることを目的にした施術を中心に行っていく事とする。

初回
交感神経の興奮を鎮める目的で、全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩めるという施術を行い施術終了。

2回目(一週間後)
前回の施術後から背中のはり、首の痛み、手のしびれ、息苦しさといったすべての症状が警戒した状態で過ごせていたとのこと。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

3回目(一週間後)
手のしびれは中指に少し残る程度でほとんどなくなった。背中のはりや息苦しさもほとんど感じることはなかった。首も痛みはなくなったがこり感が残る。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

4回目(一週間後)
かなり体調が良くなり、寝込むことがなくなっているとのこと。肩こりが若干出ている程度である。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

5回目(二週間後)
背中のはりが軽く出たりはするが、状態は安定している。

6回目(三週間後)
途中方が重かったり、腰が重かったりといった症状は出た。一度だけ症状が強く出た日があったがそれも自然回復した。

7回目(一ヶ月後)
問題なく元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
事故後の自律神経の乱れからくる症例。

交通事故など強い衝撃が体に加わるとそこから急激に交感神経が高まって自律神経失調症へと移行していく事があるが、事故後のケアが不十分でそのような状態で3年も経過していた症例。

事故後の初期に適切な対応をしていると、ほとんどの場合問題なく改善するのだが、今回の症例のように何年か体調不良が継続してしまうと自律神経系にダメージを負って無理が出来なくなるといったレベルの回復までが限界となるケースが多い。

幸い今回の症例では自律神経系へのダメージがそこまでひどく進行していなかったことが幸いした症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

パニック障害後のめまい、耳のつまり、肩こりなどの残遺症状で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
6年前にパニック障害になり、自分で認知行動療法や運動療法、サプリなどでパニック発作はコントロールが出来るようになっているのだが、めまいと耳のつまり、肩こり症状がひどくなってくると人の話を聞いたり高速道路、待っているときなどにソワソワするという状態でここ1~2年過ごしている。

自分でも色々やってきたおかげで一番つらかった時に比べれば仕事もできているものの、残っている症状が改善しない為来院した。

<施術内容と経過>
食事もかなり勉強をされたうえで取り組まれており、食事内容に極端な不備もなく生活習慣も規則正しく、睡眠時間も十分に確保できている。肩こりだけが若い時からひどくそこが改善されていないので、栄養素などは十分である物の古い首肩こりが脳への血流を邪魔してしまっているのではないかと考えられる。

初回
全身調整と首肩こりに対してはり施術を行った。施術後は今まで感じたことがないぐらい肩が軽いと驚いていた。

2回目(一週間後)
前回の施術後、めまい、耳のつまり、息苦しさ、ソワソワした感じが劇的に改善した。自覚的な肩こりのみを訴えられる。全身調整と首肩こりに対してはりを行った。

3回目(一週間後)
自律神経症状はそれほど出ておらず、若干の肩こりを感じる程度で過ごせていた。全身調整と首肩こりに対してはりを行った。

4回目(一週間後)
体調良く過ごせていたとのこと、全身調整と首肩こりに対してはりを行った。

5回目(二週間後)
長距離の運転や人と話をすることも多かったが調子よく過ごせていた。

6回目(三週間後)
特定の人と話をしている時だけ肩こりがひどくなって若干ソワソワしてきてしまうとのこと。心理療法を追加で行った。

7回目(一カ月後)
前回心理療法を行ってから特定の人と話をしている時に肩こりやソワソワ感が出る症状もなくなり、一カ月間元気に過ごせている。今回で卒業とした。

<まとめ>
当院へ来られるよりも前に、相当パニック障害について勉強して心理的なアプローチ、栄養学的なアプローチも行っていたためとても順調に改善していった症例。

来院されるようになってからメンタル的にもかなり落ち着くようになったり、心理的にも内面の変化が大きく出ていて話をしていて自己肯定感が上がってきていることが分かった。

心理療法、栄養療法、脳血流この三つがバランスよく整うことで改善していくということを改めて学ばせて頂いた症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

トンネルを走っていて動悸と息苦しさに襲われるパニック障害の再発で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にも一度パニック発作を起こしたことがあるのだが、その時はすぐに治まりその後何度も出るということものなく過ごせていたのだが、5カ月前からめまい、胃の不快感、食欲不振、喉のつまり感などの症状が出るようになり、トンネルを走っている最中に急に動悸と息苦しさをを感じるようになってから過呼吸発作を起こしかかったとのこと。

病院へ行って薬を処方してもらっているものの、症状はあまり回復せず、運転中にパニック発作が出たらと怖くなってしまっている。

<施術内容と経過>
話を伺っていくとプライベートで強いストレスを感じることが3年前から続いており、それが落ち着いたのが5カ月ぐらい前とのことで状況が一致するので、過剰なストレスによる身体のダメージが蓄積していき、気が抜けたタイミングでパニック発作が引き起こされたのだと思われる。呼吸も胸式呼吸を早く行っている状態の為、呼吸筋を緩めて正しい呼吸を練習して頂く事と、心理療法をセットで行っていく。

初回
全身調整と呼吸筋を中心にはりで緩めた後、正しい腹式呼吸の方法を指導。

2回目(一週間後)
前回の施術後、胃の不快感、動悸、喉のつまり、食欲不振、めまいの症状は8割程度まで改善し、だいぶ楽に過ごせていた。全身調整、呼吸筋と首周辺のこりを緩め、心理療法を行った。

3回目(一週間後)
辛いと感じるレベルの症状はほとんどなく、過ごせていた。全身調整、呼吸筋と首周辺のこりを緩め、心理療法を行った。

4回目(一週間後)
食欲が出てきて美味しいと感じられるようになってきており、運転も問題なくできている。全身調整、呼吸筋と首周辺のこりを緩め、心理療法を行った。

5回目(二週間後)
二週間間をあけても体調は良く過ごせている。唯一気になるのが、職場で全員に発表する時にすごく緊張してしまうとのことで、心理療法を行った。

6回目(三週間後)
体調良く過ごせているが、予期不安だけが残る。

7回目(一カ月後)
軽い予期不安は頭をよぎることはあるが、深刻になることもなく過ごせている。体調も良いため、今回で卒業とした。

<まとめ>
心理的なストレスから身体にダメージが蓄積してパニック障害が再発していた症例。

呼吸を正しく戻すことと身体的なダメージの改善のサポートを行っただけで症状自体は最初の2週間ぐらいからほぼ収まってきていたので、あとは身体に再び負荷をかけすぎなければ再発の心配はないと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

週5回鎮痛薬を飲んでいる首こりと連動した後頭部の頭痛で来院された40代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20代の時から慢性的な肩こりがあったのだが、そこから次第に頭痛を伴うことが多くなり転勤で海外にいた間は現地の整体や鍼灸をうけて頭痛を回避していた。

頭痛は首の付け根のあたりを中心に後頭部のみに頭痛が集中している。現在は週に5回程度頭痛が出るたびに服薬して過ごしている状態とのこと。

<施術内容と経過>
元々整体や鍼灸である程度コントロールできていたとのことから、首肩こりからの頭痛ではないかと思われる。首の筋肉が固くなりすぎて可動域もかなり狭くなっている為まずは正常範囲まで首が動けるようになることを目指しつつ、頭痛の変化をみていく。

初回
全身調整と首肩周辺を中心にはりを行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後、頭痛は3回発生したが頭痛薬を飲むのは1回で済んでいるとのこと。首の可動域がまだ十分ではない為、全身調整、首肩周辺を集中的に緩めた。

3回目(一週間後)
今週は一度も頭痛が出ることなく過ごせていたとのこと。首の可動域は正常まで動くようになっているがツッパリ感が残る為微調整。全身調整、首肩周辺を集中的に緩めた。

4回目(一週間後)
今週も頭痛は出ることなく過ごせていた。首もだいぶ動くようになったのだが、深く曲げると神経根症状と思われる電気が走るような痛みが発生している。全身調整、首肩周辺に緩め、首の可動域調整。

5回目(二週間後)
今回は久しぶりに頭痛が何度か出たとのことで、神経根症状に対するアプローチで首のバランスが変わったことによる影響だと思われる。全身調整、首肩周辺に緩め、首の可動域調整。

6回目(三週間後)
三週間間をあけたが、頭痛は前回の施術以降は発生していない状態で過ごせている。

7回目(一カ月後)
頭痛を感じることなく過ごせているとのこと。今回で卒業とした。

<まとめ>
首肩こりからの緊張型頭痛の症例。

首肩こりが頭部の筋肉を引っ張ってしまってそれによって頭痛が出ていた症例。首の可動域の改善に手間取ってしまったが、歯の治療が完了していなかったことも関係していたためなかなか難しい症例ではあった。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

持病のめまいが毎日出るようになり、下を向くと強くなると来院された50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
時々めまいはあったのだが、一ヶ月ぐらい前から悪化してほぼ毎日めまいが出ている状態になってしまい来院。

振り向いたり下を向いたりといった頭を動かした後に強くめまいを感じるとのこと。

めまいは回転性ではなく、フワフワしたような感じで、思い当たる原因としてはケアマネの仕事でデスクワーク作業が多くなって肩こりがひどくなったことではないかとのこと。

続きを読む

持病の片頭痛が悪化して起き上がれない日が続いたため来院された40代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
2年ぐらい前から時々脈打つような頭痛が出ており病院で片頭痛の薬を処方されて片頭痛が出た時は服薬するという形で生活していたのだが、先週からひどい頭痛がはじまり4日連続で起き上がれないほどの激痛に悩まされたため来院した。

今回は病院でもらっている片頭痛薬も効かず、市販の鎮痛薬も試したが一向に痛みが引いてこないとのこと。

続きを読む

4カ月ぐらい前から始まった左の高音の耳鳴りで来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
4カ月ぐらい前から左耳に高音の耳鳴りを感じるようになりなかなか改善しない為来院した。

耳鳴りは日によってはほとんど気にならない日もあるのだが、逆に強い日もあり平均すると毎日ある程度の耳鳴りは感じているとのこと。緊張型頭痛もあるとのこと。

続きを読む

目の前が暗くなるめまい、頭痛、だるさ、不眠症状で来院された中1女子(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
小学校入学までは活発な性格の子供だったそうではあるが、小学校に上がったぐらいから内向的になり、引っ込み思案や怖がり、自己否定的な発言が増えるなど気になることは多くあったのだが、中学に上がってから目の前が暗くなるめまいと、頭が押さえつけられるような頭痛、だるさ、不眠などの症状が出てくるようになった。

小児科を受診したがはっきりとしたことはわからず、何か改善する方法はないか?とのことで当院へ来院した。

現在は学校へ行けていない状態。

続きを読む

出産をする度に頻度が増えていっている頭痛の改善で来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
小学生ぐらいから年に数回程度拍動性の片頭痛と思われる頭痛持ちであったが、一人目の出産後から月に1回程度まで頭痛の発生頻度が増加。

二人目の出産後からは月に2~3回頭痛が発生するようになり、更に一ヶ月ぐらい前から週に2~3回ぐらい頭痛が発生するようになってきた為来院。

目の奥の痛みがあることから病院では群発性頭痛との診断を受けているが、薬を飲んでも痛みは治まっていない。

続きを読む