背部痛

身内の不幸が重なったストレスから、運転中のパニック発作で来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一年ぐらい前に身内の不幸が重なったストレスから過呼吸発作を起こした。その後、体調不良が続いていたため一ヶ月ほど仕事を休んで、働ける程度には回復して過ごしていたのだが、ここ一ヶ月ぐらい前から運転中に喉に違和感が出て、手足の発汗、動悸、胸が締め付けられる、過呼吸といった発作が出るようになった。

仕事がトラックドライバーである為、このままだとまた働けなくなると思い来院した。

病院では自律神経失調症のようなパニック障害のようなという濁された感じでの診断しか受けていないが、薬を飲んでもそれほど回復しない。

運転以外にも痛みを感じるとそこからパニック発作が誘発されるようで、元々持っている背中から腰に掛けてのこりからくる痛みで過呼吸を起こしてしまう。

過呼吸発作を起こした後は体調不良が続いている。

<施術内容と経過>
症状が過呼吸(過換気症候群)に偏っている為、過呼吸発作で発生してしまった全身残りを緩めることと、正しい呼吸法をしっかりと指導することをメインに据えて行っていく。

初回
全身調整、内臓調整を行って痛みから誘発されるパニック発作が出にくいように施術を行った。過呼吸のメカニズム、呼吸法の指導を行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後3日ぐらいまでは、まだ体調不良が続いていたのだが、4日目以降からは運転していても全く平気になり、背中の痛みもほとんど感じなくなったとのこと。呼吸の方法が大幅に改善しており、あまり問題が手てこない感じがあったため、通常のパターンよりも早いが2週間様子を見てみる。全身調整と内臓調整。

3回目(二週間後)
発作が起こる前の予兆をたまに感じることはあったが呼吸法を行えばコントロールできている為問題なく過ごせているとのこと。2週間何ともなく過ごせていたことで自信もついている為、
今回で卒業とした。

<まとめ>
呼吸がメインでパニック発作を引き起こしていた症例。

通常は呼吸を指導しても、なかなか慣れるまで継続できないのだがこの症例では、かなり努力していたおかげで、呼吸法の上達が非常に早く過去最速の改善症例となった。肉体的な問題が思ったよりも複雑なダメージを受けていなかったということと、元々家族の不幸をきっかけに食事、運動、睡眠などにもかなり気を付けて基本的な生活習慣が整っていた為ことが大きいと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

クロスバイクの転倒事故の後遺症による自律神経の乱れで来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にクロスバイクで転倒。その時は軽い打撲程度だと思っていたのだが、徐々に背中のはりや首の痛み、手のしびれ、自律神経の乱れからくる息苦しさ、パニック症状などが出るようになり来院した。マッサージなども定期的に受けているがあまり改善が見られない。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
交通事故などでよくみられるのだが、受傷した直後は問題がないものの、時間が経過してくるにしたがって交感神経(自律神経)が異常興奮を始めて首肩こりがひどくなってその状態が継続してしまっている状態である。通常であれば数週間ぐらいで自律神経は元の興奮状態へ戻ってくるのだが、あまりにも首こりがひどい場合にはそのまま自律神経失調症のような慢性的な症状へ移行していく。交感神経の興奮を鎮めることを目的にした施術を中心に行っていく事とする。

初回
交感神経の興奮を鎮める目的で、全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩めるという施術を行い施術終了。

2回目(一週間後)
前回の施術後から背中のはり、首の痛み、手のしびれ、息苦しさといったすべての症状が警戒した状態で過ごせていたとのこと。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

3回目(一週間後)
手のしびれは中指に少し残る程度でほとんどなくなった。背中のはりや息苦しさもほとんど感じることはなかった。首も痛みはなくなったがこり感が残る。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

4回目(一週間後)
かなり体調が良くなり、寝込むことがなくなっているとのこと。肩こりが若干出ている程度である。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

5回目(二週間後)
背中のはりが軽く出たりはするが、状態は安定している。

6回目(三週間後)
途中方が重かったり、腰が重かったりといった症状は出た。一度だけ症状が強く出た日があったがそれも自然回復した。

7回目(一ヶ月後)
問題なく元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
事故後の自律神経の乱れからくる症例。

交通事故など強い衝撃が体に加わるとそこから急激に交感神経が高まって自律神経失調症へと移行していく事があるが、事故後のケアが不十分でそのような状態で3年も経過していた症例。

事故後の初期に適切な対応をしていると、ほとんどの場合問題なく改善するのだが、今回の症例のように何年か体調不良が継続してしまうと自律神経系にダメージを負って無理が出来なくなるといったレベルの回復までが限界となるケースが多い。

幸い今回の症例では自律神経系へのダメージがそこまでひどく進行していなかったことが幸いした症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

1年ぐらい前から続く首こりと肩甲骨周辺の痛みで来院された40代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一年前ぐらいから首こりが気になるようになり、最近になって右の肩甲骨当たりに痛みが出るようになってきた為、来院した。

上を向くとズキっと肩甲骨と背骨のあたりに痛みが走り、上をみない状態でも肩甲骨周辺にこり感を感じている。 続きを読む

一ヶ月経過しても改善しない右の肩から背中にかけての痛みで来院された50代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
どれぐらい前かは覚えていないそうだが、同じ場所に同じ痛みを感じたことがあり、その時は数日で自然に治ったのだが、今回は1カ月経過しても一向に楽になってこない為当院へ来院した。

上を向くと痛みが強くなり、常に肩と背中に張ったようなこり感がある状態とのこと。 続きを読む

1年続いている疲れてくると悪化する背部の痛みで来院された20代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
1年ほど前から背中に痛みを感じるようになり、整形外科にも接骨院にもかかっているのだが、あまり変わらず、痛みが継続している為、来院した。

ひきつれるような痛みで、疲れてくる夕方ぐらいからツッパリ感と痛みががひどくなりやすいとのこと。 続きを読む

首肩こり・腰痛・手首の痛み・足のしびれなどの全身症状で来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
腰の痛みがひどくて既に一カ月程度ほとんど動けていない状態で家族に支えられながら来院した。カウンセリングをしていると首肩こり・手首の痛み・足のしびれといった単純に腰痛だけでは説明がつかないような症状を複数抱えているとのこと。

症状が出てきた経過を聞いているとストレス性の症状の特徴(症状が移動したり突然消えたり、気分が落ち込むとひどくなったり)を持っていることから、ストレス性の身体表現ではないかと思われる。

続きを読む

2カ月半前から出たり消えたりを繰り返す、原因不明の痛みやしびれで来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
2ヶ月半前から特に上半身に集中して、肩、腕、頭の色々な場所に痛みが出たり消えたり、しびれが出たり、消えたりを繰り返している状態。

常にどこかしらに痛みはあるが、痛みの場所は固定しておらず日によって変化する。

痛みやしびれの強さもどんどんひどくなっている為、友人の紹介で来院した。
続きを読む