小学生ぐらいから続く片頭痛に毎月悩まされて来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
小学生ぐらいから片頭痛持ちではあり、現在も月に2~3回程度は片頭痛の強い痛みに悩まされることが多い。大人になってから頭を締め付けられるような緊張型頭痛も出るようになってきてこちらのダラダラとずっと痛い頭痛を何とかしたいとのことで来院された。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
やせ型ではあるが筋肉が全身筋張っているような感じで、首肩こりだけでなく背中や腰なども筋肉のこりが強い。全身の筋肉の緊張を緩めながら、緊張型頭痛を引き起こしている首から頭にかけての筋肉を緩めていく方向で施術を進める。

初回
全身調整と全身をはりで緩めてから、頭部の頭痛が残る場所へはりをおこなった。来院時には脈打つような鋭い痛みの片頭痛があったが、施術後は痛みが改善した。

2回目(一週間後)
片頭痛は前回の施術後から出ていないが、施術の3日後ぐらいは頭痛がなかったが再び緊張型頭痛が出るようになってきている。痛みの程度が軽く済んでいる為前回よりも表情が明るい。全身調整、全身をはりで緩め、首肩こりと頭痛の頻発部位へはりを行った。

3回目(一週間後)
片頭痛は出ていない状態で過ごせているが、施術後数日緊張型頭痛は消えるものの、再び出てきている。全身調整、全身をはりで緩め、首肩こりと頭痛の頻発部位へはりを行った。

4回目(一週間後)
片頭痛は施術開始から3週間治まっている状態が維持できている。締め付けられるような緊張型頭痛は施術後数日良くなった後、次の来院まで痛みが出続けていたのが、2日ほど痛み止めなしでも過ごせるぐらいまで軽い日が出てきたとのこと。全身調整、全身をはりで緩め、首肩こりと頭痛の頻発部位へはりを行った。

5回目(一週間後)
今週は頭痛が出そうな日はあったが、はっきりと辛いと感じる日はなかったとのこと。全身調整、全身をはりで緩め、首肩こりと頭痛の頻発部位へはりを行った。

6回目(二週間後)
二週間間をあけたのだが、その途中で首の寝違えを越してしまいその後から頭痛と首を動かすと頭に響くという状態が出ている。片頭痛は出ていなかったようである。

7回目(二週間後)
前回の施術後、首のつっぱりはしばらく残っていたものの、この2週間は頭痛もなく過ごせていた。

8回目(三週間後)
かなり調子よく過ごせており、頭痛もほとんど出ていない。

9回目(一カ月後)
途中で生理が2回来るというかなり不安定な状態になり、それから頭痛が再び出てしまっている。

10回目(一カ月後)
体調良く過ごせており、安定していたため今回で卒業としたが、本人の希望でメンテナンス通院。

<まとめ>
首肩こりから片頭痛と緊張型頭痛が併発していた症例。

片頭痛は比較的早期に改善できたが、緊張型頭痛の方は少し改善まで時間がかかった。頭痛の改善は施術直後の頭痛の改善も初期はある程度重要ではあるが、本人の治癒力が頭痛を治していくレベルに達してこないと根本的な改善にはなっていかない。

この症例でも施術直後に楽になった後に、再度頭痛が出始めて、その頭痛が自然に治まるようになってきたぐらいからグングン改善していったが、頭痛改善がうまくいくためには、施術後4日目以降の状態が良くなるまで継続していく事なのだが、3~4回程度は施術して頭痛が改善してもしばらくすると元に戻るということの繰り返しになる為、不安になって通院でやめてしまうことも多い。

説明は行っているが伝えることの難しさは常に感じる問題である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました