10年以上続く後頭部を締め付けられるような緊張型頭痛で来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20代の時から首肩こりがひどくなると頭が締め付けられるような緊張型頭痛が後頭部を中心に発生するということを繰り返していた。

何度か整体にも通って施術を受けると直後は良いのだが、通院をやめると1カ月もしないうちに再び緊張型頭痛がぶり返してきてしまうという状態の為、当院へ来院した。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
首肩こりに連動して緊張型頭痛が酷くなるとのことなので、首肩こりの改善が行えれば頭痛自体は落ち着いてくるものと思われる。既に整体で首肩こりに対する施術を行っているが効果が持続しないという問題点がある為、首こりを引き起こしている原因が別にある可能性を考慮しながら施術していく事とする。

初回
全身調整と内臓調整を組み合わせて首以外のところの施術で首をある程度柔らかくしたうえで、残った首肩こりに対してはりを行った。施術後は今日感じていた頭痛は改善。

2回目(一週間後)
前回の施術後から首こりは再び感じることはあったのだが、頭痛は出ていない状態が維持できているとのこと。全身調整、内臓調整、首へのはり施術。

3回目(一週間後)
途中親知らずを抜くことがあり、その後から再び頭痛が出ているが、おそらく抜歯の影響で炎症によって頭痛が出ている為だと思われるため、来週まで様子を見て問題なければ施術間隔をあけていく。全身調整、内臓調整、首へのはり施術。

4回目(一週間後)
小姑が家に帰ってきて心理的なストレスがかかって首肩こりは感じているが、頭痛は今のところおちついているとのこと。全身調整、内臓調整、首へのはり施術。

5回目(二週間後)
二週間間をあけたが、頭痛は出ていないのだがショックなことがありそれから首肩こりがひどくなってきているとのこと。心理療法を追加。

6回目(二週間後)
軽い頭痛が2回ほど出たが、薬を飲むほどでもなく過ごせていた。

7回目(三週間後)
首肩こりは感じるものの、頭痛は出てもごく軽いものが短時間程度で過ごせている。次回卒業予定。

8回目(一カ月後)
調子よく過ごせており、今回で卒業とした。

<まとめ>
心理的緊張が関係する首こりからの緊張型頭痛の症例。

首肩こり自体は軽く残ってしまっており、心理ストレスを受けやすい環境(嫁に入って姑と小姑がいる環境)からの影響である程度のストレスが残ってしまう。この施術の半年後に臀部痛で来院されたが、頭痛は再発せずに過ごせていたため、心理療法も自分で適時行いながらストレスコントロールが出来ているとのことだった。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました