5年前から続く頭痛が悪化して毎日鎮痛薬を飲むようになり来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
5年前から頭痛が出るようになったのだが、先月急激に悪化してほぼ毎日痛み止めを飲まないと生活できなくなり、なかなか改善してこない為、来院した。

仕事で顕微鏡をのぞいて検査を行う仕事をしている為、相当目を酷使している状態でもある。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
頭痛の痛み方は締め付けられるようなズキズキする痛みとのことなことと、頭痛の持続時間が異常に長いことを考慮すると片頭痛ではなく緊張型頭痛の痛みが強いタイプのものではないかと思われる。顕微鏡をのぞく仕事を始めたのが1年ぐらい前からなので、徐々に眼精疲労からの首肩こりが蓄積して、それが先月耐えられる限界を突破して頭痛が毎日出るようになってしまったのではないかと思われる。左肩はこりがひどくて盛り上がっている。首肩こりの改善を中心におこなっていく。

初回
全身調整を行った後、左の肩のこり部分と首周りの固い部分にはりを行った。

2回目(一週間後)
施術後毎日あった頭痛が2日間だけ、何もない日が出たとのこと。全身調整と首肩こりに対するアプローチを行った。

3回目(一週間後)
今週は4日間痛み止めなしで生活できたとのこと。全身調整と首肩こりに対するアプローチを行った。

4回目(一週間後)
今週は頭痛が3日出てそれ以外の日はすっきり元気に過ごせていた。頭痛も我慢できる程度であったため痛み止めは飲まなかった。全身調整と首肩こりに対するアプローチを行った。

5回目(二週間後)
二週間間をあけた。途中生理が来たのだが頭痛も発生することなく元気に過ごせていた
。全身調整と首肩こりに対するアプローチを行った。

6回目(三週間後)
生理と天気の崩れが重なった際に頭痛が発生したが、そのほかは問題なく元気に過ごせていた。

7回目(一ヶ月後)
転んでおしりを打ち付けた影響で背中にはりが出ているが、頭痛は全くなく元気に過ごせていた。一ヶ月開けても調子が良いため、
今回で卒業とした。

<まとめ>
蓄積した首肩こりから重度の頭痛になっていた症例。

左肩が腫れ上がっているほどのこりがあったのだが、安いマッサージ屋さんでマッサージを受けていた時期があったようでその際にできた炎症による腫れのようである。

体調が良い時にリラクゼーション目的であれば優しいマッサージを受けることは問題ないのだが、体調が悪い症状の改善を目的としての安易なマッサージはその場は楽になるが、一歩間違えると筋線維を傷つけて炎症を引き起こしてより肩こりをひどくしてしまうことが多いため、熟練した按摩マッサージ指圧師の施術を受けることをおススメする。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました