一週間前から朝起きた時に手のこわばるようになり来院された40代女性(掛川市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一週間ぐらい前から朝起きた時に手のこわばりが出るようになったとのことで来院。

関節リウマチではないかと思い病院を受診したがリウマチの検査は陰性。原因がわからない為病院では治療を受けていない。

朝だけではなく一日中こわばった状態で動かしにくい。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
朝の手のこわばりは関節リウマチの典型的な症状ではあるが、検査で関節リウマチの可能性はないため、おそらくひどい肩こり(自覚なし)から指がうまく動かせなくなって、それをこわばりとして感じているのではないかと思われる。

初回
全身調整を行った後、肩甲骨周辺の筋肉をはりで緩める。手のこわばりは軽減した。

2回目(一週間後)
施術の翌日がこわばりがほとんど感じられないぐらいまで改善した。時間が経過するにしたがって徐々にまたこわばりを感じるようになってきたとのこと。全身調整と肩甲骨周辺の筋肉をはりで緩める。

3回目(一週間後)
時間経過で手のこわばりは戻ってきてはいるが、動かしずらいというほどではない。全身調整と肩甲骨周辺の筋肉をはりで緩める。

4回目(一週間後)
この一週間はほとんど手のこわばりを感じることなく過ごせていた。全身調整と肩甲骨周辺の筋肉をはりで緩める。

5回目(二週間後)
症状は全く出ていない状態で過ごせているが、触診ではこりが復活してきている感じたある。全身調整と肩甲骨周辺の筋肉をはりで緩める。

6回目(三週間後)
以前と変わらないぐらいまで普通に手を使えている。触診でのこりは若干程度で前回ほど顕著に戻ってきていない。全身調整と肩甲骨周辺の筋肉をはりで緩める。

7回目(一カ月後)
状態よく過ごせており、肩甲骨回りのこりも触診で戻ってきていないのを確認できたため、
今回で卒業とした。

<まとめ>
あまり知られてはいないのだが、肩甲骨周辺のこりが原因で肘、手の症状が出てくるケースはとても多い。

解剖学的に神経のつながりでは説明が出来ない症状が多く、おそらく筋肉同士が連携して動いている部分に障害が生じて今回の症例のように手がこわばる、肘や手の痛み(腱鞘炎)といった症状が現れる。

この症例のように肩甲骨周辺の深い部分の筋肉のこりを改善することで改善していくが、深い部分の筋肉のこりは自覚しにくいため、肩こり自体は自覚がないことが多い。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。