突然始まっためまいで薬を飲み始めてから1週間経過するが症状が改善されない為、来院した40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
先週に朝起きたら突然のめまいが発生。すぐに耳鼻科を受診してめまいの薬の服薬を開始したがあまり症状が改善しない為、来院した。

今までの人生の中で初めてめまいが出て、1週間も治らないので、このままではどうしようと不安になっているとのこと。

慢性的に首肩こりがある。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
めまい発症前に特別強いストレスが加わっていたと思われるような生活の変化がなく、慢性的な首肩こりも訴えられことから、首こりがひどくなりすぎた結果、めまいが発症したと思われるため、首こりの改善を目的に施術を開始。

初回
全身調整で全身の筋肉を緩めたところ、首こりも改善した。施術後はめまいが消えたとのこと。

2回目(一週間後)
全身が緩んだことで、筋肉痛があちこち出てはいるが、めまいは前回の施術後以降全く出ていない状態とのこと。同じく全身調整を行う。

3回目(一週間後)
寝起きの際にだけ軽くめまいしているかな?という感じがある程度で過ごせている。残っているめまい症状が、頭を動かした時だけなので、良性発作性頭位めまいの疑いがある為、めまい体操を指導。

4回目(二週間後)
めまい体操をするようになってからは、完全にめまいが出なくなり、調子よく過ごせていた。単純な首こり制のめまいが主体な為、今回で卒業とした。

<まとめ>
首肩こりからめまいが発生していた、典型的な肩こり性のめまい症例。ずっと慢性的な肩こりがあったことから、徐々に進行していってたまたま耐えきれなくなったタイミングでめまいを発症したのだと思われる。

発症してから受診までの期間が短かったことと、首こりをひどく誘発するような生活習慣はなかったため、早期に改善できたと思われる症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました