半年前から、苦手な人との会話中や人を乗せて運転する際に、めまい、動悸、不安感が現れるようになった50代男性(浜松市)の鍼灸症例。

<初診時のカウンセリング>
半年ぐらい前から、徐々に人を助手席に乗せて運転したり、苦手な人と話したり、威圧的な人の話を聞いていると、めまいを感じてから動悸や不安感が現れるようになった。

今は何とか誤魔化し誤魔化し生活はしているものの、同僚とお昼ご飯を食べていてもこのような症状が出る為何とかしたいとのことで来院。

症状的には対人恐怖症に発症機序が似ているが、はっきりしたことはわからない。

病院へは受診していない為、診断はついていない。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
普段は全く症状がなく、人と接しているときに緊張してきてしまうとのことで、一人でいるときや家族では緊張することがないため、症状が出ることはない。
対人恐怖症により、交感神経が高まりすぎた時にめまい、動悸、不安感が出ているのではないかと推測される。

初回
自律神経を整える目的で、首の筋肉の緊張を緩める。首周りへのアプローチだけでは不十分だったため、内臓施術を行って副交感神経を刺激して施術終了。

2回目(一週間後)
施術後、2日間は首周りがとても楽で、軽い緊張する場面ではめまいが出なかったとのこと。

3回目(一週間後)
初対面の相手と話すときには緊張して若干めまいが出ていたが、それ以外ではほとんど症状もなく過ごせていた。

4回目(一週間後)
同僚とご飯を食べてもめまい、動悸、不安感が出ることがなくなってきたとのこと。苦手な相手と二人きりになると緊張して症状が出てくる。

5回目(二週間後)
苦手な相手や初対面の人と接する機会がなかったが、症状は出ずに過ごせていた。

6回目(二週間後)
助手席に人を乗せて高速道路や国1を走ると若干緊張感が出てしまうが、発作までは出ていないとのこと。

7回目(一ヶ月後)
友人を助手席に乗せて遠出したが、問題なく運転できたとのこと。状態も安定している為、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
通常の○○恐怖症の場合は特定の場面に対して、不安感、恐怖感、動悸などが強くなるが、めまいが発生する珍しい症例。首こりを改善して、脳への血流を改善することと緊張する場面では呼吸法を実践してもらうことで、安定的に過ごせるようになった症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。