朝起きれず、気持ち悪さと吐き気で学校へ行けない起立性調節障害疑い高1男子(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
2週間前から突然朝起きた時に気持ち悪さと吐き気が出るようになり、学校へ行けなくなり、来院した。

気持ち悪さと吐き気は夕方になると治まっては来るが基本的には1日中継続している。

このところ夜寝つきが悪くなり、朝起きられなくなってきている。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
血圧も若干低めではあるが、病院での新起立試験は受けていない為起立性調節障害の診断は受けていないが、症状的にはかなり当てはまるところが多い。

初回
部活が運動部に所属している為、全身の筋肉がこわばっていることから、まずはこの筋肉の緊張を緩める施術を主体に行う。施術後気持ち悪さは改善。しばらくは、学校へ戻ることよりも体を治すことを優先するように話をする。

2回目(一週間後)
朝起きるとやはり気持ち悪さは出るが、昼ぐらいには気持ち悪さや吐き気はかなり軽くなる状態で過ごせているとのこと。

3回目(一週間後)
朝起きた時の気持ち悪さが出ない日が少しずつ出てきているが、寝つきの悪さから朝起きられない状態が続いている。

4回目(一週間後)
気持ち悪さ、吐き気はほとんど感じることがなくなったが、夜寝るのが値付けなくて2時過ぎてしまうため、朝起きるのがきつい状態。

5回目(二週間後)
先週から突然寝つきが良くなり、学校へも朝から行けているとのこと。

6回目(一ヶ月後)
完全に元通りに元気に過ごせるようになったとのことで、学校も朝から一日元気に行けるようになっている。

 

<まとめ>
吐き気、気持ち悪さが主体の起立性調節障害は、最初の段階で脳の異常興奮なのか、首のこりなのか、胃腸の不調なのか、骨盤なのか、アレルギーが関わっているのかなど切り分けが難しいため、改善までに施術回数や時間が必要なことが多いが、初回のねらい目がうまく当たって、比較的順調に改善出来た症例。

寝起きの問題は自分の中で目標設定が出来たあたりから突然よくなってきた為、メンタル的な側面の関与も考えられる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

起立性調節障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました