起立性調節障害(OD) 浜松市中区の心身堂鍼灸院(はりきゅう)

Tel:053-477-0596受付:9:00~18:30 休業日:火木日
ホーム > 自律神経失調症 > 起立性調節障害

起立性調節障害の症状でお悩みの方へ

起立性調節障害でお悩みのあなたへ

  • 年齢が10~19歳という第二次性徴期にあたる。
  • 朝起きることができない、頭痛、だるさ、やる気が出ない学校生活に支障が出てきている。
  • 朝、何度起こしても起きることができない。
  • 立ち上がったりすると立ち眩みがする。
  • めまいを訴える。
  • やる気の差が激しい。
  • 感情が不安定で急に怒り出したり上機嫌になる。
  • 無表情なことが多く感情を表に出さない。
  • 病院の検査では原因がわからない微熱が続いている。
  • 午前中症状が強く午後や夕方になると症状が軽快または消失する。
  • 朝起きることができなくなり、昼夜逆転の生活習慣に変化してきている。
  • 自覚のあるなしにかかわらず、何らかの心理的なストレスを抱えている可能性を持っている。
  • 学校が嫌いなわけではないが、学校へ行けなくなった。
  • くすぐったがり、音や匂いに敏感など神経質な傾向がある。
  • 学校行事などイベントごとの時は起きれる場合がある。

起立性調節障害とは?

ご訪問ありがとうございます。心身堂の佐野です。

このページをみられている方は起立性調節障害を持たれるお子さんの親御さんだと思いますが、お子さんは上記の内容にいくつ当てはまったでしょうか?

起立性調節障害は思春期の体の変化やストレスなどが関係して自律神経が乱れた結果、朝起きられない、だるい、めまい、頭痛がする、腹痛、夜眠れない、気力がわかない、原因不明の微熱などの自律神経系の症状に悩まされる疾患です。

一昔前までは怠けていると勘違いされていたこともありましたが、近年では疾患として認知されるようになってきました。しかし、この病気がなぜ発症するのか?などの詳しいメカニズムはまだわかっておらず、有効な治療法も確立されていません。

当院は起立性調節障害のお子さんが元気を取り戻すためのお手伝いをさせて頂いております。まずは、当院で起立性調節障害の改善に取り組まれた方の声をご覧ください。

当院で起立性調節障害の改善に取り組まれた方の声

※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 ※個人の感想であり、効果には個人差があります。 声 症例ノート

起立性調節障害はなかなか治らない病気?

起立性調節障害は専門医がみていても簡単には治らない病気とされています。臨床的にも治りやす子と治りにくい子ではかなり改善に差がある疾患です。

病院では、血圧をあげる薬、自律神経を整える為にリラックスさせる薬などが処方されますが医学的な統計データを見る限り、そういった薬物療法が有効な子供はそれほど多くはないようです。

当院へ来院されるのは小学校高学年~高校生の方が多く、数週間前から朝起きられなくなった・何ヶ月も学校へ通えていない・既に学校へ1年以上も行けないなど来院時の状態にも幅があります。

改善のスピードにも個人差があり、週1回の施術をはじめて、すぐに朝起きられるようになる子もいれば、徐々に起きられるようになってほとんど元通りに学校へ通えるようになるケース、週1回の施術開始初期は薄皮をはぐようなほとんど改善が見られない状態から、徐々に日常的な活動が行えるようになっていく。朝起きられるようにはなっても学校へ行こうと思うと体が動かなくなってなかなか学校へは戻れないなど様々なケースもあります。

改善のペースや改善の限界はケースバイケースですが、過敏性腸症候群、呼吸器喘息など、消化器系、呼吸器系の疾患を持っている子供や食が細い子供、偏食など、虚弱体質や基礎疾患があるケースや発達障害傾向などがあると身体的な問題以外の問題も大きくなってくるため改善までに時間がかかる傾向あります。

治るまでの医学的な統計データ

軽度の起立性調節障害の場合は発症から一ヶ月以内に自然治癒するといわれており、学校へ行けない、遅刻という問題も発生せず、一時的にめまいが多い、寝起きが少し悪い程度で親も知らない間に発症して回復してしまっている症例も多いと考えられています。

ここでは病院へ受診する中程度以上の重症度の子供が標準治療(病院での医師による投薬治療)を行った場合の、回復率のデータをご紹介します。

中程度とは遅刻や欠席が増える日常生活に支障がある状態をさします。既に一ヶ月以上そのような状態が続いている場合には中程度以上に該当します。

中程度以上の1年以内の回復率は約50%、2~3年後でも約70~80%といわれています。

残念ですが遅刻や欠席が増えている段階になりますと、病院で治療を受けても早期に元の生活に戻ることが難しい疾患だといえます。

起立性調節障害改善データ

起立性調節障害は身体疾患か?

「小児心身医学会ガイドライン集」の冒頭に「起立性調節障害は身体疾患である」と書かれており、根性や気持ちの問題ではないことはご存じの方もいらっしゃるかと思います。

注意して頂きたいことは、この言葉の意味を身体疾患だから身体だけに問題があると解釈して心理的な問題を無視してしまうことです。

起立性調節障害の症状は、何らかの自律神経のトラブルにより血圧の維持が難しくなり脳へ十分な血液が供給されないことで朝起きられない、頭痛、腹痛、だるさ、微熱、やる気が出ない、感情の不安定感などの症状がでてくると考えられています。

身体疾患心理疾患

しかし、血圧が正常or血圧が投薬治療により正常値まで改善したにもかかわらず、症状が改善されないで継続したり、血圧が低くても無症状な子供がいる事も広く知られています。

また、修学旅行などのイベントの日だけは朝起きることが出来て体調も良い、テストや受験などでプレッシャーをかけられると体調が悪化するなども多くの症例でみられます。

血圧低下の影響から体調不良が発生している部分もありますが、単純に血圧だけの問題であるケースはむしろ稀です。

血圧が低いという肉体面の問題とメンタルの不調が自律神経を介して身体症状として現れる心身症が混在した疾患なのです。

その為、身体的な問題と心理的な問題が複雑に絡まって起立性調節障害が発生すると考えて対応していく事が大切になってきます。

7つの力を育てる起立性調節障害の改善率

起立性調節障害も自律神経疾患の為、当院の自律神経改善ノウハウである7つの力を育てるアプローチを使って、起立性調節障害の改善のサポートをさせて頂いています。

中程度以上の起立性調節障害の改善に取り組まれた方の改善率は2020年のデータで83.2%です。これは提案通りの通院、生活習慣の実践をして頂いた場合のデータです。適切に対応すれば標準治療だけの場合と比べれば飛躍的に改善率は向上しているといえます。

しかし、本人に問題意識がない、ご家族の協力が得られないなどはこの限りではありません。

改善までの期間と回数について

起立性調節障害の改善は、重症度やリラックス状態に入れるようになるかどうかで大きく改善速度、施術回数が変わってきます。

2~3回の施術とカウンセリングだけでスグに学校へ復帰できてしまう珍しい症例もありますが、平均的な改善例では4~5回の施術で少しずつリラックス状態を作れるようになって行きながら休養により、自律神経症状が改善し始め徐々に施術間隔を2、3、4週間と広げていき、経過観察まで含めて施術回数で7~8回期間にして3ヶ月程度の方が多いです。

前述した通り来院した時の重症度や家族の理解や協力などによって施術回数や期間は大きく増減します。

費用について

起立性調節障害への鍼灸施術は保険適応外になりますので、施術にかかる費用は全額自費となります。1回の施術料は以下の通りとなっております。 起立性調節障害の施術料

最後に大切なお話

起立性調節障害は思春期という人生で1度しかない楽しい時期を奪い、進学など後々の子供の人生へ長期にわたって悪影響を与えてしまう疾患です。

急に朝起きられなくなったり、時々おかしいぐらいから徐々に症状が悪化していって気が付くとほとんど学校へ行けない状態へ進行していくことも多いため、なるべく早期に気が付いて、適切な対応を取ってあげることが大切です。

この疾患の厄介なところは回復してもスッキリ良くならずに、体調不良が残り続けたり、再発しやすいことです。20~40%の子供には4年後以降も何らかの症状は残るとされています。成人後も体調不良で就職や大学進学したけれど結局継続できないということもあるようです。

また、起立性調節障害になると夜眠れない、長時間の睡眠が必要になることが多く、睡眠不足状態に陥りやすくなります。成長期の睡眠不足は記憶を司る脳の一部である海馬の成長を妨げることがわかっています。

起立性調節障害の症状自体は成人すれば症状はある程度落ち着き易いとされていますが、睡眠不足によって成長できなかった脳が成長期を過ぎた後に成長するということはなく、記憶能力の低下という悪影響は一生涯残る可能性があります。

現状のまま改善をひたすら待つこともできますし、他に出来ることがあるなら積極的に起立性調節障害の改善に取り組むということもできます。もし、積極的に改善に取り組みたいと思われているのであれば、お子さんと相談したうえで、下記の電話番号へ「ホームページを見て、予約をしたい」と今すぐお電話ください。

私の持てるすべての技術と知識を総動員して全力でお手伝いさせて頂きます。

[関連リンク]
起立性調節障害の食事
起立性調節障害を抱える子供の心理的な問題

TEL

Page Top