眠気が強くて朝起きるのが辛く大人の起立性調節障害のような症状で来院された30代男性(袋井市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
十分な睡眠時間をとっているのにもかかわらず、最近になって、急激に朝起きてからはっきりと覚醒するまでに時間がかかるようになり、朝起きた時の眠気がものすごく強くて毎朝起きるのが辛いとのことで来院した。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
眠っているときの脳への血流が十分でないことから、睡眠の質が低下しているのではないかとも思われるがはっきりしたことはわからない。脳への血流改善を目的に首の血管周辺のコリを中心に改善を行っていく事とする。

初回
首と頭の境界と首の前側(頸動脈)の周辺の筋肉のこりが強いため、全身調整で余分な緊張を取り除いた後、患部にはりを行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後2回だけではあるが、朝起きた時の眠気が軽く、覚醒までそれほど時間がかか習い状態だったとのこと。全身調整と動脈周辺へはりを行った。

3回目(一週間後)
今回はそれほど大きな変化はなく、起きずらい状態だったとのこと。全身調整と動脈周辺へはりを行った。

4回目(一週間後)
今週は明らかに起きるのが楽で、普通に朝起きられたとのこと。全身調整と動脈周辺へはりを行った。

5回目(二週間後)
2週間間があったが、ほとんど毎日すっきりと朝起きることが出来ていた。全身調整と動脈周辺へはりを行った。

6回目(三週間後)
すっきり起きられる状態は維持できているが、今週になってから頭痛が出ているとのこと。頭痛は施術後改善。

7回目(一ヶ月後)
すっきり起きられる状態が維持できており、頭痛などの他の症状も出ていない為、今回で卒業とした。

<まとめ>
首こりから脳へ送る血流に問題が発生して睡眠の質が低下していたと考えられる症例。

カウンセリングしている限りは特別眠れないということも、悩み事もなく寝付けないほど交感神経が高ぶっている様子もなかったので、一般的に発生しやすい睡眠障害とは少し性質の異なるものだと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

起立性調節障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました