うつ、パニック障害、不安感、めまい、不眠、耳鳴りの50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前からうつ状態や不安感、めまい、耳鳴りという自律神経失調症のような症状が出るようになり、一時期落ち着いていた時期もあったのだが、最近になってから症状がひどくなり、無気力になり、不安感や焦燥感に悩まされるようになった。めまいと耳鳴りは常にというわけではないのだが、以前と比べると強くなってきている。

今は仕事もやめて一日中、家の中に引きこもっていることが多くなった。心療内科で薬をもらっているがあまり効果を実感できない。

過去に一度だけ鍼灸を受けたことがある。

 

<施術内容と経過>
経過を詳しく聞いて行くと今回ひどくなり始める前に眠れなくなったのが一番最初に発生してそれから次第に、鬱状態、不安感、めまい、耳鳴りといった症状が強くなっていっていた。熟睡できない期間が3ヶ月ぐらい続いているが、睡眠負債が溜まって、自律神経症状を出し始めたのではないかと思われる。

初回
全身かなり緊張して筋肉がガチガチに固まっていたため、内臓調整と副交感神経を刺激する施術を行って体の緊張を緩めて今回は終了とした。

2回目(一週間後)
前回の施術後、ぐっすり眠れるようになり、眠れるようになってからはうつ状態や不安感、焦燥感などの感情の起伏がかなり安定したとのこと。めまいと耳鳴りが残る為、同様の施術に追加して、首のこりの改善する施術を追加した。

3回目(一週間後)
耳鳴りは消えてきたのだが、めまいが前回よりも軽くはなっているがまだ残っているとのこと。(前回と同様の施術)

4回目(一週間後)
右を下にして横になった時だけめまいが発生するが、それ以外では症状は出ていないとのこと。(同様の施術)

5回目(二週間後)
右を下にして横になった時のめまいだけが発生しているが、それ以外の症状は安定している。特定の方向の時にだけめまいが出る為、Epley法を教える。

6回目(一ヶ月後)
自宅でEpley法を何度かやっているうちに、突然、右を下にして横になってもめまいが出なくなった。状態も安定している為、今回で卒業とした。

<まとめ>
症状的にはかなり重度ではあったが、不眠から発生した自律神経の乱れが原因が主となっていた症例。

最後に耳石の位置を戻すEpley法の指導が必要にはなったことから、自律神経が原因で出ていためまいと耳石が変な位置へ移動してしまったことで発生していた2種類のめまいが合わさっていたようで、すべて自律神経が原因のめまいと決めつけてかかるのはやはり危険だと感じさせて頂いた症例。。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

SNSでもご購読できます。