上を見上げると首が痛み頭痛もする40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20年ぐらい前から首肩こりを感じており、次第に上を見上げるときに首から肩にかけて痛みを感じるようになった。頭痛も3日に一回ペースぐらいで締め付けられるような痛みと時々脈打つような鋭い痛みの頭痛が出る。

常に首に痛みがある為、少しでも楽になるならと来院した。

鍼灸は今回初めて受診する。
頭痛

 

<施術内容と経過>
上を見上げて痛みが出るのは首から出てくる神経が圧迫されているときにみられる症状(神経根症状)で、頑固な首こりや肩こりから首の骨が圧迫を受け、それによって神経が圧迫され、さらに首肩がこるという悪循環をして、こりがひどくなった時に緊張型頭痛や血管が圧迫された時に片頭痛が出ているのではないかと推測し、施術を開始する。

初回
首の筋肉の緊張を調べていくと、胃に異常反応がある。胃の反応を解除すると首の筋肉が緩むが上を見るとまだ痛いとのことで、首の骨の調整を行ったところ上を向いたときに痛みが消失、鍼で全身をゆるめて施術終了。

2回目(一週間後)
徐々に首こりと上を向いたときに痛みを再び感じるようになってきてはいるが、以前ほどつらくなく、頭痛も2回発生したがどちらも痛みの程度が軽かったため痛み止めを飲むことなく過ごせていた。胃の異常反応を解除し、肩甲骨の下のあたりから首を引っ張っている為そちらを鍼で緩め、首の骨の調整。全身を鍼で緩めて施術終了。

3回目(一週間後)
上を向いたときに痛いという事がほとんどなくなってきており、首こりも感じるが以前ほどひどく辛くはなくなってきている。頭痛が1回だけ軽いのが出たが調子は良いとのこと。胃の異常反応は出てきていない為、首の骨の調整と、全身を鍼で緩めて施術終了。

4回目(一週間後)
時々、首こりを感じるが上を向いていたいという事はなくなり、頭痛も出ていない状態とのこと。全身を鍼で緩めて施術終了。施術間隔を伸ばしていく。

5回目(二週間後)
雨の日の前日に調子が悪いことはあったが、そのほかは快適に過ごせている。腎臓の異常反応を解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。

6回目(三週間後)
頭痛も首の痛みもほとんど感じることがなかった。嫌なことがあった日に首こりを感じたが、翌日には回復していた。全身を鍼で緩めて施術終了。

7回目(一ヶ月後)
1ヶ月あけても状態が安定していた為、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
内臓の不調と物理的な骨の位置関係のズレが原因となっていた症例。

上を向いたときに痛いという症状は神経圧迫による症状であるが、骨の位置関係を元の状態に誘導してあげない限り、何年でも痛いままの方が多く自然回復が難しかった症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。