一週間たっても痛みが引かないぎっくり腰の50代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20代の時から慢性的な腰痛持ちで、常に腰に不安を感じながら生活しているのだが、先週ぎっくり腰になり、今週は仕事も休んでずっと安静にはしていたのだが、1週間たっても痛みが全然引いていかない為、来院した。

腰を伸ばすことが出来ず、ねじる動作でも腰からお尻にかけて痛みが出ている状態である。。

鍼灸は今回初めて受診する。
慢性腰痛からのぎっくり腰の50代男性(浜松市)の鍼灸症例

 

<施術内容と経過>
過去にも何度かぎっくり腰をやっているとのことなので、腰の筋肉を調べてみるが筋膜の傷は特別見つけることが出来なかった。慢性的な腰痛があり、腰に不安は常にあったことなどから、腰からお尻にかけての筋肉の張力のバランスが悪いことで起きたぎっくり腰ではないかと考えて施術を開始。

初回
背骨まで一気に調整してしまうと、不安定感が強くなってしまう恐れがある為、骨盤のみの調整と痛みを出している筋肉を鍼で緩めたところで、動作確認をしてもらうと、腰を伸ばせるようにはなった。これ以上刺激すると壊れてしまう恐れがある為、今回は施術終了

2回目(4日後後)
痛みの程度は6割ぐらいまで軽くなり、腰もまっすぐまでは持ってくることが出来ているが、そらすとやはり強く痛みが出る。骨盤の調整と腰回りの筋肉の緊張を鍼で緩めて施術終了。若干、痛みは残るが後ろに倒すことが出来る様になった。

3回目(一週間後)
後ろに体を倒すと痛みは出るものの、日常生活の中では辛いと感じるほどの腰痛は感じなくなってきている。骨盤と今回から背骨の調整を行い、腰回りの筋肉を鍼で緩めて施術終了。後ろに倒しても痛みが出なくなった。

4回目(一週間後)
深く後ろに倒すと痛みを感じるが、日常動作では痛みを感じることはなく過ごせている。骨盤と背骨の調整を行い、腰回りの筋肉を鍼で緩めて施術終了。

5回目(二週間後)
仕事を頑張りすぎると腰に重い感じは出るが、ほとんど痛みを感じることもなく過ごせている。腰回りの筋肉を鍼で緩めて施術終了。

6回目(一ヶ月後)
一ヶ月間をあけたが、問題なく過ごせている。骨盤や背骨も安定し、腰の筋肉もアンバランスになってきていない為、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
腰の筋肉のアンバランスからぎっくり腰を引き起こしていた症例。

元々、腰の筋肉のバランスが悪い状態で生活しており、限界を超えたため痛みがなかなか引かないぎっくり腰になっていた。腰は背骨以外すべて筋肉で体を支えている為、前後左右の筋肉がバランスよく張力を保つことで安定していることが出来る。この方の場合は腸腰筋という一つの筋肉だけが異常緊張した状態であったため、比較的簡単に改善できたが、原因となる筋肉が複数にまたがるとそれぞれの張力のバランスを整える必要が出てくるため改善が難しくなってくるタイプの慢性腰痛である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました