ぎっくり腰で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

ここ数年、年に1回はぎっくり腰になる状態が続いていて、昼過ぎに落としたペンを拾おうとした際に、ギクッとなってそれから痛みが強くてほとんど動けなくなってしまった。当院のことを友人から聞いて来院した。

足にしびれなどは出ておらず、腰を伸ばすことも前に倒すこともできない状態で歩くのもつらい状態。

鍼灸は初めての受診。

ぎっくり腰で来院された40代女性(浜松市)の症例

 

<施術内容と経過>

腰を診させて頂くと筋膜の傷が確認できた。合計で10個程度の傷が確認できたが、半分ぐらいは古傷で今回のギックリの痛みを出しているのは5つ程度の筋膜の傷であることがわかった。

痛みから逃げるように歩いていたことで、足の長さも変わってきてしまっている為、骨盤や背骨の調整も必要ありそうである。

初回
骨盤と背骨の調整を行ってから、筋膜の傷の部分に点灸(米粒程度のお灸)を行った。施術後、急の鎮痛効果もあって、背筋を伸ばして歩ける程度までには改善。

2回目
2日後に来院。夕方は辛いが、日常生活は何とか遅れる程度まで回復しており、腰の不安定感が残るが生活はかなりしやすくなったとのこと。同じく骨盤と背骨の調整と筋膜の傷の部分に点灸。回復を早める為、内臓調整を行った。

3回目
5日後に来院。日常的には疲れてくると腰痛を感じる程度で、不安感も消えてきたとのこと。しかし、筋膜の傷が残っている為、次回も予約を取って頂く。

4回目
筋膜の傷が2か所だけ残っている為、筋膜の傷の部分に点灸と内臓調整を行って終了。5回目の施術の際に問題がないかを確認した。

5回目
痛みも感じなくなり、筋膜の傷も触れることが出来なくなったため卒業とした。

<まとめ>

ぎっくり腰は癖になるとよく言われるが、ほとんどの場合が筋膜の傷が原因のぎっくり腰を放置して、時間経過で痛みがわからなくなった状態で放置している場合に繰り返しぎっくり腰になることが多い。

この方は痛みがなくなった後も、指示通りに通院いただいたことで、年に1回はぎっくり腰になるという状態ではなくなっている。

痛みがなくなることと原因が解消されていることは別に考えたほうが良い例である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました