パニック障害と診断され、強い不安感の辛さで来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
動悸や息苦しさといった自律神経症状はほとんどないのだが、不安感が強く来院した。

病院ではパニック障害との診断ではあるが、薬を飲んでもあまり変化がないのと薬を飲むことに抵抗がある為、飲まずに生活できるようになりたいとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
不安感だけが地味に出続けているようであり、過換気症候群などのパニック発作などはない。起きている間に頻繁に不安感が出ているようである。おそらく全般性不安障害に近いのではないかと思われる。

初回
緊張が強いため、全身調整と内臓調整でリラックス状態になるように施術を行った。カウンセリングから自己開示が苦手なようで、不安感に悩まされていることを家族に伝えられていないとのこと。心理療法。

2回目(一週間後)
前回の施術後から、不安感は比較的落ち着いてきているが、どうしようもなくて苦しいと感じるほどの不安感は出ていない。全身調整と内臓調整、心理療法。

3回目(一週間後)
昼間の不安感はかなり落ち着いているが、夜寝る前に不安感が出やすく、不安感について考えることで眠れなくなっているとのこと。全身調整と内臓調整、心理療法。

4回目(一週間後)
ほとんど、不安感を感じることなく過ごすことが出来ていた。前回の施術後からは、夜もぐっすり眠れるようになった。
全身調整と内臓調整、心理療法。

5回目(10日後)
2週間の予定であったが、生理がはじまってから不安感が出始めたため早目に来院。全身調整と内臓調整。

6回目(三週間後)
不安感はなく安定して過ごせている。人とたくさん話すと喉が詰まる感じがするとのことで、呼吸過多で会話をしている可能性が高いため会話時の呼吸の方法について指導。

7回目(一ヶ月後)
生理前後で若干の気分の落ち込みはあったが、不安感という感じのものではなく、全体としては元気に過ごせていた。今回で卒業とした。

<まとめ>
感情障害が主体となった症例。通常は動悸や息苦しさ、喉のつまりから不安感を感じることが多いが、不安感が症状の主体で他の自律神経症状がほとんど出ていない珍しい症例。

心理療法を行って自己開示が出来るようになってきたぐらいから、メンタル的にも安定してきた感じがあり、首こり、睡眠、ストレスコントロール、呼吸に問題が多くあったようである。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。