突然始まった目の奥の痛みで、群発性頭痛と診断されて来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
今月の頭から頭痛が毎日出るようになり、夕方から夜にかけてひどく痛みが出る。

病院では鎮痛薬を渡されて様子を見るようにとのことだが、痛み止めを飲んでもあまり変化がない。かなり激しい痛みが目の奥で脈打つような感じで鋭い痛みがあり、日常生活に支障をきたしている為当院へ来院した。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
症状からは群発性頭痛が疑われるが、群発性頭痛の場合は群発期を抜けてしまうと自然消滅するため、改善の判断が難しいということをご理解歌だいたうえで施術に入っていく。首肩回りの目の周辺が痛みを我慢してかなりこわばっている為、はりで緩めていく。

初回
全身調整、首肩回りと痛みを訴えられている目の周辺を中心にはりを行っていく。施術後は痛みがだいぶ軽くなったようであるが経過を詳しく記録してもらうようにお願いした。

2回目(一週間後)
前回の施術した後は徐々に痛みが復活してきているような状態ではあるが、前回の来院時ほどの痛みではないとのこと。全身調整、首肩と目の周辺へはりを行った。

3回目(一週間後)
施術後3日ぐらいはかなり軽い状態で過ごせていたのだが、天気が崩れたあたりから一気に痛みが増してきてしまっているとのこと。全身調整、首肩と目の周辺へはりを行った。

4回目(一週間後)
3日目ぐらいからまた痛みが戻り始めたのだが、一度すごく痛みが増してから、昨日の夜から自然に痛みが引き始め、軽い痛みはあるが今日はかなり楽な状態とのこと。全身調整、首肩と目の周辺へはりを行った。

5回目(二週間後)
二週間の間ずっと軽い状態で過ごせており、昨日一昨日と軽い頭痛が出たのだが、寝て起きたらだいじょうぶになっていた。

6回目(三週間後)
軽い頭痛は出ているが、体調良く過ごせていたとのこと。

7回目(一カ月後)
一ヶ月間をあけたが頭痛も1回もなく、体調も良さそうな為今回で卒業とした。

<まとめ>
改善症例なのか判断が非常に難しい症例。

群発性頭痛は頭痛が発生する群発期という期間の間は激しい頭痛が頻発するのだが、群発期を過ぎてしまうとぱったりと頭痛が出なくなり、それが周期性を持つ(数ヶ月周期~数十年周期)という特性があり、今回が初めての群発性頭痛だったとするとどのぐらいの周期で発生しているのかがわからず、根本的に改善できているのかがはっきりしない症例。

群発性頭痛の改善は周期性がつかめていないと改善したのか単純に痛みをはりで緩和しているうちに群発期が過ぎてしまったのかがよくわからない為、周期がわからない方の場合は改善の評価に困る疾患である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました