一ヶ月以上続いている腰痛の原因が慢性的な肩こりにあった40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
先月から腰痛を感じるようになり、来院。

慢性腰痛のように常に腰が重だるい感じがあり時々痛みが強いという痛みという感じではない。

調子のよい日はほとんど腰痛を感じていないのだが、腰痛を感じ始めるとかなり激しい痛みを伴うとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
腰痛の痛みの出る感じが一般的な慢性腰痛と異なっている為一般的な慢性腰痛とは異なるのではないかと考えられる。自覚はないのだがかなり強い肩こりも持っている為、肩こりが強くなって腰の筋肉を引っ張ったときにだけ、強い腰痛が出ているのではないかと思われる。

初回
全身調整と肩こり施術を中心に行った。

2回目(一週間後)
施術後、腰痛が出ても痛みが今までの6割程度と軽くなったとのこと。全身調整と肩こり施術を行った。施術後、前屈時に腰痛が残っていたが、しゃがんだ姿勢から前屈になることで脳に学習させたところ痛みが消失した。

3回目(一週間後)
強い腰痛はほとんど出ておらず、身体から離れたものを無理な姿勢で取ろうとしたときに腰痛が発生するとのこと。全身調整と肩こり施術を行った。

4回目(一週間後)
日常ではほとんど腰痛を感じることはなかったが、床に座ると痛みが出ることが何度かあった。調子が良い日の為痛みの再現が出来なかった。全身調整と肩こり施術を行った。

5回目(二週間後)
二週間間をあけた。生理の時に腰痛が発生したが生理が終わると自然に回復したとのこと。

6回目(三週間後)
腰の調子は良いのだが最近食べ過ぎてしまうとのことでカウンセリングをしていてストレスの原因らしきものを見つけたので心理療法を行った。

7回目(一ヶ月後)
体調良く過ごせており、食べ過ぎも落ち着いたとのこと。
今回で卒業とした。

<まとめ>
肩こりから腰痛が発生していた症例。

肩こりがひどくなったことで連鎖的に腰の筋肉が引っ張られてかたくなり、痛みを出していた。

また、特に腰痛に発生しやすいのだが前屈すると痛みが出るなど、動きと痛みが脳内でセットで記憶されるようになると痛みの原因が取り除かれた後でも、前屈をすると痛みが出るという状態になっていってしまう。

こういった脳内の誤作動に対しては立った姿勢から前屈ではなく異なる姿勢(例えばしゃがんだ姿勢)から前屈姿勢をとらせるということを何度か行っていると、前屈という姿勢と痛みという記憶がリセットされて痛みが消失することが多い。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました