左膝の痛みに悩む60代女性(磐田市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

1年半前に突然、左膝に水が溜まって痛くなり、病院へ行って水を抜いてもらったり、ヒアルロン酸注入などの処置を受けて、曲がらないほど膝に水がたまることはなくなったが、それ以来ずっと左膝が常に腫れぼったい感じで痛みが続いている為思うように歩くことが出来ない。

一応は曲がるが正座は出来ず、太ももの前のあたりが突っ張ってしまう。普通に歩いている膝の内側が痛くなってくる。

鍼灸は今回初めての受診である。。

左膝の痛みに悩む60代女性(磐田市)の症例

<施術内容と経過>

膝を診させて頂くと、左膝だけ腫れぼったく、熱はないものの水が溜まっている状態であり、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(膝下の骨)の位置関係がズレてしまっている。

骨の位置関係を改善する途中に炎症を起こすケースが多いことから、そのことをについて了承を頂いたのちに膝の骨の位置関係を正常に戻す施術と痛みを出している筋肉をゆるめる施術を開始する。

初回の施術後予想通り、翌日から2日ほど炎症が起きて腫れあがって痛みが強くなったと報告を受け3日目からは腫れが引いて、2回目の来院時には膝が初回の来院前よりも軽くなったと報告を受ける。

続いて2回目の施術後も一旦炎症が起きて腫れ上がり、その後炎症が引いて以前よりも曲がるようになったとのこと。

3回目の施術後は炎症が起きて腫れ上がることはなく、2~3日重さと痛みが強かった程度で過ごせていた。

4回目の来院時には骨の位置関係は正常に戻っており、膝の内側に痛みが残るのみとなった。膝の内側の痛みの原因となっている筋肉を中心に施術を行ったところ、痛みを感じることはなくなったとのこと。

5回目の来院時にまた、膝が腫れていたため話を聞いたところ、膝の調子が良かったので小旅行に出かけてきて、歩きすぎてから膝がまた痛いと訴えられる。急に動かしたことで炎症が出てしまったようである。

6回目の施術時には若干腫れが残るが、痛みはあまり感じていない状態まで再び改善した。膝の運動指導をしながら、12回施術を行ったところで、状態が安定していたため、卒業とした。

<まとめ>

1年以上の膝の痛みの方に多いのだが、膝の痛みは完全に腫れがなくなってから、徐々に負荷をかけて負担に耐えられる筋肉をつけていく必要がある。

調子が良いことと治ったことは違うという話はしていたが、十分理解していただくまでの説明になっていなかったために、今回のように度を超えた負荷をかけてしまい症状が再燃してしまった症例。


※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました