関節リウマチ

関節リウマチによる首、肩、手、膝の痛みで来院された50代女性(磐田市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
数年前に手の痛みから始まり、病院を受診した結果関節リウマチと診断され、薬でずっとコントロールしている。
1カ月ぐらい前から突然、痛みが強くなりだしたのだが、これ以上薬の量を増やしたくないとのことで当院へ来院した。

続きを読む

2年前からの関節リウマチで来院された50代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
2年ほど前に関節リウマチを発症し、服薬を続けているが月に2~3回程度は炎症発作が出たり、落ち着いたりを繰り返しているような状態。

いつもは炎症発作が起きても3日以内に収まっていたのだが、4日以上経過しても炎症が治まらず痛みが継続している為来院した。

薬の量もかなり増えている為、これ以上は増やしたくないとのこと。

続きを読む

関節リウマチで来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前に手のこわばりからはじまり、病院で関節リウマチの診断を受ける。

薬である程度抑えていたので関節変形は多少しているもののひどくは進行していない。しかし、最近になって薬が効かなくなってきており、炎症がコントロールできなくなって痛みが悪化したため、他の方法をということで来院した。 続きを読む

悪性リンパ腫の治療後持病の関節リウマチが悪化してそのストレスから自律神経失調症になった50代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
元々、関節リウマチを持っており、長期間免疫抑制剤を使用していた。その影響かは不明であるが悪性リンパ腫になり、その治療のために免疫抑制剤を使用できない期間に関節リウマチが悪化して、その痛みに悩まされるようになった。痛みの苦しみからうつ的になり、頭痛、食欲不振、起きられない、無気力、全身あちこちに痛みが出るなどの自律神経失調症の症状が出るようになり当院へ来院された。 続きを読む