持病のめまいが毎日出るようになり、下を向くと強くなると来院された50代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
時々めまいはあったのだが、一ヶ月ぐらい前から悪化してほぼ毎日めまいが出ている状態になってしまい来院。

振り向いたり下を向いたりといった頭を動かした後に強くめまいを感じるとのこと。

めまいは回転性ではなく、フワフワしたような感じで、思い当たる原因としてはケアマネの仕事でデスクワーク作業が多くなって肩こりがひどくなったことではないかとのこと。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
肩こりがひどくなることで、三半規管周辺への血流の低下が発生して肩こりが出ており、めまいがひどくなったことで頭を極力動かさないようにしていた結果、三半規管の機能低下が怒って頭を動かすとめまいがひどくなるという良性発作性頭位性めまいが併発しているのではないかと思われる。肩首こりの改善と運動を組み合わせていく。

初回
全身調整を行った後、背部を中心に筋肉を緩め、残った首肩こりをはりで直接緩める施術を行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後、めまいが弱い時間が少し出るようになり、生活は幾分楽に過ごせているのだが、職場環境的にかなりプレッシャーを受けている状態とのこと。全身調整、背部、首肩を緩める。

3回目(一週間後)
昨日は丸一日めまいがなく過ごせていた。そのほかの日も一日めまいがないということはなかったが、めまいを感じない時間帯が増えてきているとのこと。全身調整、背部、首肩を緩める。

4回目(一週間後)
めまいは2日に1回程度まで減ってきており、週の約半分は全くめまいを感じずに過ごせているとのこと。全身調整、背部、首肩を緩める。

5回目(一週間後)
この一週間は2回だけめまいを感じたが、一日中続いていたというわけでもなくかなり楽に過ごせていたとのこと。

6回目(二週間後)
二週間間をあけたが、時々ふわっと感じる程度でめまいが持続することもなく過ごせているとのこと。

7回目(一カ月後)
最初の三週間はめまいも肩こりもなく快適に過ごせていた。三週間を過ぎたぐらいから軽いめまいと肩こりを感じるようになってきているとのこと。

8回目(一カ月後)
目まぐるしいぐらいに忙しかったがめまいもなく体調良く過ごせていたため今回で卒業とした。

<まとめ>
首肩こりからのめまい症例。

頭を動かしたときにめまいが悪化するという良性発作性頭位性めまい症の症状があったため頭を動かす運動が必要だと考えていたが、ベースにあった首肩こりからのめまいが改善してくるにしたがって活動的になって自然に緩解したようである。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

自律神経の症状改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました