一ヶ月経過しても改善しない右の肩から背中にかけての痛みで来院された50代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
どれぐらい前かは覚えていないそうだが、同じ場所に同じ痛みを感じたことがあり、その時は数日で自然に治ったのだが、今回は1カ月経過しても一向に楽になってこない為当院へ来院した。

上を向くと痛みが強くなり、常に肩と背中に張ったようなこり感がある状態とのこと。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
上を向くと痛みが強くなり、首の一定の角度から急激に痛みが増すという状態は神経根症状(首から出てきた神経が何らかの圧迫を受けることで出る症状)であると思われる。首の骨と骨との間に圧力がかかっている可能性が高いため、首を支える筋肉を緩めたうえで、首の骨と骨との隙間を広げるようアプローチを行っていく。

初回
全身調整と首周辺にはりを行ってから、痛みの出る角度と痛みの出ている場所から圧迫を受けていると考えられる骨の間を広げる整体を行った。施術後は痛みはかすかに残る程度まで改善した。

2回目(一週間後)
前回の施術のみで痛みはかなり良くなり、肩の方の方はあまり辛さを感じなくなった。上を向いたときに背中の方の違和感がまだ出ている。全身調整、首へのはり、骨の間隔を広げる整体。

3回目(一週間後)
今回はかなり調子が良く、日常生活をしていて肩や背中がすごく痛いということはなく過ごせていた。全身調整、首へのはり、骨の間隔を広げる整体。

4回目(一週間後)
普通に生活している分にはほとんど痛みもなく過ごせているのだが、首が柔らかくなって上を向く角度が深く曲げられるようになったのだが最大まで上を向くと背中に痛みが出るとのこと。全身調整、首へのはり、骨の間隔を広げる整体。

5回目(二週間後)
前回の施術の後から頭を後ろに倒しても、背中の違和感や痛みは出ない状態が維持できている。背中が気にならなくなってから、軽く肩から腕に違和感があることがわかるようになっている。

6回目(三週間後)
最大まで上を向いたときの右肩の違和感が出たりでなかったりという状態で、日によってばらつきが出るようになっている。

7回目(一カ月後)
日常的な肩や背中の痛みや違和感もなく、上を最大限向いても大丈夫な状態で過ごせている。調子も良さそうなので、今回で卒業とした。

<まとめ>
首こりから神経根症状へと進行していたと思われる症例。

首こりがひどくなりすぎることで骨と骨の間がこった筋肉の圧力で狭くなり、それによって上を向いたときにいたい、横を向くと痛いといった神経根症状の典型的なパターンの症例。

過去に一度出た時に処置をしなかったことでこりが悪化して再発時の改善に何度か通院が必要になったものと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。