2年前からの関節リウマチが悪化して炎症発作が治まらなくなり来院された50代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
2年ほど前に関節リウマチを発症し、服薬を続けているが月に2~3回程度は炎症発作が出たり、落ち着いたりを繰り返しているような状態。

いつもは炎症発作が起きても3日以内に収まっていたのだが、4日以上経過しても炎症が治まらず痛みが継続している為来院した。

薬の量もかなり増えている為、これ以上は増やしたくないとのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
手指と左肩関節に炎症が発生して、痛みが出ている状態で、熱をもって腫れあがっている為、内臓の機能調整と炎症を鎮める施術を中心に行っていく事とする。

初回
全身調整を行ってから、内臓調整を行い、患部の炎症を鎮める為の気功施術を行った。施術後は、痛みが10→2程度まで減り、指も動かせるようになった。

2回目(一週間後)
前回の施術後、一旦痛みが戻ったもののその後は炎症が鎮静化していき、現在は違和感が残る程度の状態とのこと。全身調整、内臓調整、気功施術。

3回目(一週間後)
今週はとても調子よく過ごせており、痛みもほとんど感じることがなかった。全身調整、内臓調整、気功施術。

4回目(一週間後)
少し遠出をして歩いた後に痛みが出たがそれも長引かずすぐに回復したとのこと。

5回目(二週間後)
炎症発作が再び発生したが今回は3日ですぐに収まったとのこと。

6回目(二週間後)
一度、炎症発作が発生したが3日以内に痛みは消えたが、こわばり感だけが残っている。施術後こわばり感は消失。

7回目(三週間後)
三週間の間に炎症発作は1度だけ起きたものの、3日以内には症状も落ち着くようになっている。

8回目(三週間後)
今回は炎症発作が一度も起こることなく過ごせていた。

9回目(三週間後)
ごく軽い炎症発作はあったが、それ以外はひどい炎症発作もなく調子よく過ごせていた。

10回目(一カ月後)
炎症発作が起きてもその日のうちに鎮まるという状態まで改善してきている。一ヶ月の間に軽い炎症発作が2回出ていた。

11回目(一カ月後)
風邪をひいて発熱した際に痛みが出たがそれ以外は安定していた。

12回目(一カ月後)
炎症発作が出ることはなく過ごせているのだが、病院の検査でのCRP(炎症反応)の値はあまり低下してきてはいないとのこと。

13回目(一カ月後)
炎症発作も出ておらず、薬の量も減らすことが出来ているとのことで、調子も良いため今回で卒業とした。

<まとめ>
炎症発作にてこずった症例。

関節リウマチの施術でいつも不思議に思うのだが、CRP(炎症反応)に変化がないにもかかわらず症状は安定してくることで、通常であればかなり痛みが強くなるレベルのCRP値であっても腫れや熱感といった炎症所見もなく、ほとんど痛みを感じない程度まで改善することが多々ある。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました