失敗しない鍼灸院の選び方|浜松のはりを刺さない心身堂鍼灸院

Tel:053-477-0596受付:9:00~18:30 休業日:火木日
ホーム > 失敗しない鍼灸院の選び方

失敗しない鍼灸院選びのポイント

こんにちは、浜松のはりを刺さない鍼灸院心身堂の佐野です。 現在は鍼灸院、整骨院(接骨院)、整体院などの数はコンビニよりも多いといわれています。

利用者の立場からすれば、そんなたくさんある治療院の中から、どうやって自分にあった治療院(鍼灸院)を選べばいいのか?わかりませんよね。

このページでは、治療院業界の裏側を知る鍼灸師が、もし自分ならどんな治療院を選ぶのか!?ちょっとブラックな鍼灸院の経営目線から、気を付けたい、失敗しない治療院選びのポイントをご紹介します。

あなたがどんな治療院を求めているのかを明確にする

まず大前提ですが、あなたがどんな治療院を求めているのかを明確にすることが大切です。

  • ・とにかくコスパ重視
  • ・先生任せで自分の生活は一切変えたくない
  • ・先生が話しやすそう
  • ・自宅から近くて通いやすい
  • ・辛さを何とかしてくれればそれ以外はどうでもいい
  • ・他の患者さんに話を聞かれたくない
  • ・もう再発したくない
  • ・長時間施術して惜しい
  • ・自分の症状に専門性がある
  • ・自信満々にふるまって安心させてほしい
  • ・何回も通いたくない
  • ・同じ症状で苦しんだことのある先生から施術を受けたい
  • ・メディアで取り上げられた有名な先生の施術を受けたい

まずはこういったあなたが求めていることが明確になっていないと治療院選びは高確率で失敗します。

例えば、私の場合は現実的に改善する確率が高い治療院へ通いたいと考えます。

体調が悪いと不安になるので、安心させてほしいという気持ちは当然あると思いますが、医療に100%はありえません。

治します!○○の原因は全て△△です!という言い切ってもらえると安心してしまいますが、現実的に考えれば、その先生は嘘をついているのか・勉強不足なのか、いずれにしても「治します」と言い切る先生は危険だと考えます。

治しますなどは、法律的にも医師法違反にもなっていますので、コンプライアンス(規則、社会的規範や倫理などを遵守)を守らない可能性も高く、危険で禁止されている施術や法律で禁止されているような勧誘を受けるかもしれないので、私は危険だと判断します。

専門家推薦や一般雑誌への掲載はお金で買える時代

医師、歯科医師、看護師、医学博士(大学教授など)、鍼灸師、柔道整復師、整体師などの専門家からの推薦文。雑誌で取り上げられるというのはどのようにしてされているかご存知でしょうか?凄い先生だから推薦してもらっているとついつい感じてしまうかと思います。

実は権威付けの為に、医師や大学教授などの専門家などから推薦文をお金で買ったり、コネを利用してお願いして推薦文をもらっています。雑誌や書籍は掲載料を支払えば簡単に掲載してもらうことが可能です。

有名雑誌でゴッドハンドとして取り上げられました!医師も絶賛!?など文言の裏には、こういったカラクリがあります。インチキだと思われるかもしれませんが、特別そういったことを規制する法律もないので、雑誌や医師の推薦文は人脈やお金を持っているかどうかの判断基準にはなりますが、腕の良し悪しの判断材料になりません。今はお金さえ払えば誰でもゴッドハンドと紹介してもらえる時代です。

こういったことは治療院業界では結構当たり前にやられていることです。雑誌掲載で信頼して良いのは、専門家向けの論文などで、お金のやり取りが発生していない第三者の専門家が医学的に正しいのかをある程度精査しているものが、信頼性が高いといえます。

「当院の施術技術が臨床試験で効果があると認められました!」というのも、通常の治療院で臨床試験を実施するには臨床試験をしてもらう為に第三者機関お金を払う必要があります。お金のやり取りがありますので、その臨床試験を行った第三者機関がどれだけ独立性を保てているのか?によってだいぶ内容が歪められてしまうのが医学の世界です。健康器具になどにも言えますが、効果を実証するような実験をして、それを報告書にまとめるということは結構頻繁にあることなので、闇が深いと私は思っています。

私もこの業界に入って驚いたのですが、医師を紹介するから推薦文買わないか?と購入を持ち掛けられたことがありますし、女〇自身などの有名雑誌からの掲載の営業が結構来ます。

推薦している本人が一度も私の施術を受けるということもないのに、雑誌も編集者が施術を受けに来ることもないのに、ゴッドハンドとして紹介しますって普通に考えておかしいのでもちろんお断りしました。もし、医師などの専門家が推薦するのであれば、その先生に身体を診てもらっているクライアントの一人としての口コミを信頼した方が良いと思います。

特に医師は専門領域がかなり細かく分かれているので、専門外のことがよくわかっていないことが多いです。その為、めまいの推薦文を整形外科医が書いているなんて言う場合には明らかに権威付け目的だと判断できます。

本物の専門家を見分けるにはトップページをみよ!

治療院業界も競争が激化したことで、当院のように専門分野を持つ治療院が増えてきました。

複雑な人体の問題をすべて網羅することは不可能ですから、院長の得意分野に沿う形で、専門分野に分かれていくというのは、クライアントさんにとってはとても良いことなのですが、同時に一つの害をもたらしてしまいました。

それは「専門性を打ち出すと集客に有利になる」という理由から、専門ではないけど、とりあえず、集客に利用するというものです。どういうことかというと、○○専門みたいな、専門性を打ち出しているけれど、実際にはほとんどその疾患について専門性を持たない治療院も数多くあります。(頭痛専門、めまい専門、肩こり専門、腰痛専門、不妊専門、巻き爪専門みたいに、ホームページを見ていくと、一体ここは何が専門なのかわからない状態になっているところは要注意です。)

特に不妊治療、美容鍼灸、美容整体、産後の骨盤矯正などは、悩みが深刻であったり、高単価で儲けを出しやすく、維持メンテナンスがいつまでも必要になるので商業的メリットが大きいなどの目的で取り入れている治療院が多いです。

一般の方が本当の専門家なのかを見分ける簡単な方法は、その院のトップページをチェックしてみることです!トップページは院全体の特徴や、特にその院が得意としている症状について書かれています。あなたが最初にみたページが不妊専門のページだったとしても、トップページをみたら肩こり腰痛、痛みやしびれについて書かれているのであれば、その院の本当の専門は肩こり腰痛、痛みやしびれです。

肩こり、腰痛、膝痛、しびれ、自律神経、耳鳴り、めまい、不妊(妊活)、目の疾患、耳の疾患、薄毛、美容、リラクゼーションなど、先生によって得意となる分野が異なりますので、あなたが目的とする疾患を得意としている鍼灸院かどうかをトップページから推察するとよいでしょう。

メニューの上の方の3~4つ目ぐらいまでがその先生の専門であったり、専門ではないにしても、得意な疾患であることが多いです。

鍼灸院の選び方の重要ポイント

初回割引と返金保証の闇

初回の施術料が「あなたの辛さを少しでも楽にしたいので、〇日まで△人限定!特別価格で施術をご提供します!」などのような、本来の施術料が期間・人数限定で50%以下になる治療院をみたことはないでしょうか?これにはあるカラクリがあります。

これは結構有名なマーケティング手法(販売上の心理戦略)で、夜中のテレホンショッピングや折込チラシでみたことありませんか?それらしい理由をつけて期間や時間を限定することで人は焦って今、申し込まなければ!と思ってしまう限定効果を狙っています。つまり、あなたはカモネギだと思われているっということです。

しかも、初回の割引した分は2回目以降の施術料に上乗せされるので、施術時間やコストに対して2回目以降は割高価格で施術を受けることになり、通院回数が増えれば増えるほどその割高な価格での施術を受け続けなくてはいけなくなってしまいます。

特に初回割引をつける場合には、初回の割引価格での施術だけの場合は赤字になってしまうので、経営目線で言えば2回目以降の予約がとても大切です。お試しのつもりで行ったけれど、気が付くと次の予約をとりたくなるように心理的な誘導されて気が付くと次の予約を取ってしまっていたなんて場合が多いので、流されやすい方は気を付けた方が良いです。

そして極めつけは、返金保証です。自信があるから返金致します!とか、あなたの不安を少しでも和らげたいので返金保証をお付けします!みたいなものですが、これは統計的に返金保証を付けても返金を迫られることがほとんどないこと、申込みの可能性が高くなることがわかっていることからとられるマーケティング手法です。

そもそも、施術を受けるのであれば、あなたの大切な身体を預けるわけです。返金保証って冷静に考えたら、怖くありませんか?病院で自信があるので手術代は全額返金保証つけます!って言われて安心できますか?私なら嫌です。

院長先生をTwitterで調べる/メンテンスの重要性を洗脳する

院長先生の名前をTwitter等で調べてみると、経営コンサルティングをされている場合には私は避けます。月売上○○万円アップ。みたいなやつですね。

インターネットが発達した現代では技術力よりも経営の仕組み化の方が重要になっています。腕が良くても経営力がない先生よりも、腕がなくても経営力がある先生の方が人気鍼灸院になることも少なくないからです。

経営コンサルティングを行うほど経営力が高い先生の場合、腕がなくても通院へ誘導する仕組みの作り方、もっと言ってしまえば通う必要性がない人にも通いたいと思わせる仕組みがしっかりしているので、通いたいのではなく治したいので、私なら避けます。

また、鍼灸院というのは良くなって卒業されれば、メンテナンスなどで継続的に通い続ける必要性がある人というのは少数です。卒業されることを前提にしておけばよいのですが、マーケティングでは来院時からメンテナンスの重要性を教育(洗脳ともいう)するように言われています。そうすることで鍼灸院の売上が安定するという経営メリットが得られるからです。そういった事もわかったうえでメンテナンスの話は聞かれるのが良いと思います。

複数人のスタッフがいる

人の体に直接触れる鍼灸や整体は相性や技術の完全な統一が不可能な領域です。教育によって最低限の技術レベルをそろえることはできても、上手い下手がどうしても出てきてしまいます。

複数人のスタッフがいる鍼灸院の場合、繊細な技術を極めるという練習よりも、皆が同じレベルの技術を身につけるという練習に主眼が置かれます。どこに行ってもよくなる不調であればコスパも良いのでおススメ出来ますが、どこへ行ってもなかなか治らないという場合には複数人のスタッフがいる鍼灸院は避けたほうが無難です。

施術費用について

施術の費用は安ければ、安いだけ嬉しいというお気持ちはよくわかりますが、安いということは、当然薄利多売をしていかなければ、その院が成り立っていきません。カウンセリングや説明の時間を削るなどの物理的な時間もそうですし、一日に何人診ているのかも重要です。

病院で顔をみず画面ばかり見て3分診療で・・・ということを言われますが、人間が一日に判断できる力は有限であり、一日に100人以上も診察することを考えると、一人にかける集中力・判断力のコストは抑えなくては診ることが出来ないので、医師が顔をみないで行う診察というのは致し方ないことです。

1日に何人受け入れているのか?ということは、一人にかけられる時間もありますが、それだけ一人にかけられる集中力と判断力と深い関係があります。鍼灸師も人間ですから当然疲れますので、一日当たりの受け入れ人数は施術のクオリティ(質)に直結します。

それほど集中力を必要としない放っておいても自然に改善する程度の症状であれば安い治療院で問題ありませんが、病院行っても全然よくならないから、自費での改善を・・・っという難しい状態の方であれば、施術料金の優先順位はある程度下げて、鍼灸師一人が1日で行う施術人数が10人未満になる鍼灸院を選ぶことをお勧めします。

また、クーポン、回数券はお得なようですが、あなたが元気になるまで何回かかるかわからない段階でおススメできるものではありません。回数券で値段を下げれば1日当たりの施術人数が増やす必要が出てきて、あなたに行う施術のクオリティは下がります。本気の改善を目指す場合にはおススメ出来ません。

施術時間について

例えば1時間と15分の鍼灸院ではどちらが良いでしょうか?長時間施術してもらった方が効果が高いように感じられるかもしれませんが、残念ながら答えはNo!です。

鍼灸の施術時間

鍼灸は外から体に刺激をする行為なので、刺激しすぎると人体が破壊されてしまいます。手術と同じで、ある程度施術時間が短いほど、余計な施術が少ないほどクライアントさんへの体への負担が小さくなり、効果が高いのです。(リラクゼーションなど、「気持ちの良い時間を提供する」という目的の施術なので性質が違います。)

効果を期待するのであれば、施術時間よりも、原因を突き止めるためのカウンセリングや説明をしっかりしてくれる鍼灸院をお勧めします。

どういうときに鍼灸院を選んだらいいの?

心や体にある不調を改善したくて、あなたはこのページを見られていると思いますが、病院と鍼灸院では扱っている専門分野が異なります。あなたの現在の状態に合わせて、病院へ行くのか、鍼灸院へ行くのかを考えるとよいでしょう。

病院への受診の判断基準は「外傷や命に係わる緊急性の高い病気」である可能性が高いかどうかです。例えば、頭痛であっても後頭部をバッドで殴られたような激しい頭痛が突然始まった、発熱を伴う、突然、意識を失うことがある方の頭痛であれば病院が得意とする分野であり鍼灸院では対応できません。

例えば鍼灸院が得意とする頭痛は、検査で異常はないが頭痛が止まらない、数週間から数年単位で頭痛に悩まされている、既に病院の治療を受けているけれど治らない、脳の検査で異常が見つからないなど、命に関わる状態ではないが、原因不明な症状や慢性的な症状です。

命にかかわる病気ではない、原因がわからない、病院に通っているけれど手術は行いたくない、手術を受けたけれど調子が優れないなど、鍼灸院の受診を検討してみてください。

鍼灸院と病院の違い

鍼灸院それとも接骨院(整骨院)・整体・カイロプラティック・マッサージ・気功?

鍼灸院の選び方

鍼灸院以外にも、接骨院(整骨院)や整体院、カイロプラティック、マッサージ・気功など、様々な治療院が存在していると、どこへ行った方がいいのか迷われる方も多いかと思います。

接骨院(整骨院)は、外傷専門家です。具体的には、捻挫・打撲、応急処置の骨折・脱臼の処置を医師以外のものが行う際に必要となる国家資格となります。接骨院で扱う疾患は急性外傷に限られますので、慢性症状の場合は接骨院は専門外です。

その他については、イメージで選ばないことが大切です。例えば、体のゆがみを整えたい方は整体・カイロプラティックと言うイメージがあるかもしれませんが、整体やカイロプラティックでもアトピーや難聴などの内科系の疾患を改善する治療院もありますし、鍼灸や気功であっても、体のゆがみを整える事も出来ます。

大切なのは、あなたがどのような症状に悩んでいて、検討している院があなたの疾患に対応しているかどうかです。例えるなら、富士山の頂上に行きたいんだけれど、どのルート(鍼灸・整体・カイロ・マッサージ・気功)を使うのか?の違いになるだけです。

鍼灸がいいとか、整体がいいとか施術法で分けてしまうと、あなたが元気になるチャンスを逃すことになりますので、あなたの疾患が改善される可能性が高い治療院かどうかを重視して選ぶことが大切です。

鍼灸院を選ぶメリット

特別、施術方法に神経質になる必要はありませんが、鍼灸師は国家資格であり、安全に施術を行える知識・技術水準を国から認められています。一方、整体師などは民間資格である為、知識や技術水準にばらつきが大きく事故の報告例が多いのも事実です。しかし、鍼灸師の施術であればどこの鍼灸院でも最低レベルの安全性は保たれています。また、年間の医療費が10万円を超える鍼灸の施術に支払った費用については高額医療控除の対象としてとなりますので、安全性と税金の観点からは鍼灸院がお勧めできます。

TEL

所在地 〒432-8003浜松市中区和地山1丁目8-21

カレンダー当月

カレンダー翌月

所在地

〒432-8003浜松市中区和地山1丁目8-21

お問合せ先

Tel:053-477-0596

営業担当の方へ

営業電話等はメールにてアポイントメントを取って頂いた上で、対応させて頂いております。直接の電話は即刻切らせて頂きますのでご了承ください。

Page Top