母親を亡くして心の整理がつきだしたぐらいからパニック障害を発症した40代女性(磐田市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
6年前に突然母親がなくなり、その後処理なども含めて心理的にも整理がついてきた5年前ぐらいから不安感、息苦しさ、過呼吸、動悸などが出るようになり、心療内科で薬をもらって何とかやり過ごしてはいる。

しかし、最近になって仕事を家の事情で休んでいたところ症状が強く出るようになってきたことと、薬を5年も飲み続けており出来ることなら薬をやめたいとのことで来院した。

仕事をしている最中など気が紛れていればパニック発作を起こすことはないのだが、家で一人になったりすると不安感が襲ってくる。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
気が紛れていれば症状は出にくいとのことなので、一人になって頭の中で色々と考えているときに不安感、息苦しさ、過呼吸、動悸が出ているようなので、肉体的なアプローチだけではなく心理療法も一緒に行っていく必要がある。

初回
全身調整行い全身の筋肉を緩めてから、心理療法を行った。

2回目(一週間後)
今週から仕事へ復帰したこともあり、1日の中で一人になって不安感を感じている時間がかなり少なくなって過ごせていた。全身調整と心理療法。

3回目(二週間後)
途中首のこりがひどくなってきたぐらいから、不安感を感じる頻度が増えてきたが、首こりが出る前までは家で一人でいても不安感に襲われることはなかった。全身調整と心理療法。

4回目(二週間後)
今回は特別問題なく過ごせており、不安感、息苦しさ、過呼吸、動悸を感じることはなく過ごせていた。

5回目(二週間後)
仕事とプライベートとやることが多くてすべてこなそうと頑張りすぎてから首こりがひどくなり頭痛までしている。パニック発作は落ち着いており一過性の首こりだと思われる。

6回目(一カ月後)
薬も飲まずに過ごせており、体調も良いため今回で卒業とした。

<まとめ>
パニック障害はある程度の期間が経過すると、自分でどのように薬を使って対処すればよいのかがわかってくるため、地味に体調が悪い状態のまま薬でうまくごまかしながら生活できてしまう方も多いのだが、もともと頓服のみしか服薬していなかったこともあり、比較的短期間で改善が出来た症例。

頓服薬や安定剤を長期間服薬し続けた場合の脳へ影響というのはよくわかっていないことと、不安障害の症状を繰り返す回数や期間が長いほど認知症の発症リスクがあがるとのデータもある為、なるべく早期の対応が望まれる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

乳がんの治療ストレスから動悸、不安感などのパニック障害を発症した30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
昨年に乳がんが見つかり、手術と抗がん剤治療、放射線治療を受けているのだが、ここ一ヶ月ぐらい息苦しさ、胸の痛み、動悸、食欲不振、不安感といったパニック障害症状が出るようになり来院した。

来院時は抗がん剤のクールの間で、抗がん剤による気持ち悪さなどは出ていない。

共同経営で事業も行っている為、抗がん剤の影響で動けないとかでない限りは働きたいのだが、ほとんど仕事が出来ていない状態とのこと。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
カウンセリングではがんになったことによるショックは受け入れられているように感じられ、思い悩んでいるという感じではない。がんの治療による身体的な苦痛が強いストレスとなり、パニック障害を発症したのではないかと思われる為、肉体的な状態の改善が重要だと思われる。

初回
全身調整と内臓調整を行い全身のこりと緊張状態を解除してリラックスしやすい状態を目的とした施術を行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後から、食欲が戻ってきて不安感に襲われることがなくなったが、動悸など他の症状は残っている。同じく全身調整と内臓調整を行った。

3回目(一週間後)
息苦しさ、動悸、胸の痛みも減って、体調が良くなってきた為、短時間ではあるが仕事をしてくることが出来たとのこと。ただ久しぶりに働いて肩こりがひどくなったとのこと。全身調整と内臓調整。

4回目(一週間後)
全体的にかなり良いのだが、右の胸の痛みだけが残っている。患部に筋肉の緊張は見られない為、痛みの認識を解除する施術を追加したところ痛みは消失。全身調整と内臓調整。

5回目(一週間後)
胸の痛みは時々出るが、前ほど頻繁でもなくすぐに消えてしまう感じで、痛みの程度も軽い。仕事をしすぎて背中が張っている。

6回目(二週間後)
二週間間をあけてみたが、その間に胸の痛みはほとんど感じることがなくなったとのこと。来院当初に訴えていた症状はほぼ改善した。

7回目(二週間後)
再び抗がん剤投与がはじまり、その影響による体調不良はあるが息苦しさ、胸の痛み、動悸、食欲不振、不安感は一切出ていない。

8回目(一カ月後)
抗がん剤投与も終わり、体調良く過ごせていたとのこと。

9回目(一ヶ月後)
軽い肩こりが出る程度で元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
がんの治療途中の方というのは時々診させて頂く事があるのだが、ほとんどの方がメンタル的に沈み込んでいることが多いのだが、気持ちを強く持っていらっしゃったため、心理療法は必要なかった症例。

手術、抗がん剤、放射線治療というのは、賛否両論あるががんにおいては命に直結する疾患の為、自分で治療を選択することが凄く大切になるが、肉体的なダメージは確実に受けてしまうので、そういったサポートが出来るのはとてもありがたい事である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

小学生から断続的に続いている過呼吸発作が暑さから悪化して来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
始めて過呼吸になったのは小学校中学年の時。それ以来良かったり悪かったりはあるものの過呼吸を起こしやすくなっており、20歳ぐらいからは安定剤を飲み続けて生活を続けている。

比較的落ち着いていたのだが、暑さから過呼吸発作を起こしてから、再び過呼吸発作が頻発するようになったため来院した。

特に1週間前から過呼吸発作がひどく、何もなくても緊張から震えが発生している状態。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
一番最初に過呼吸発作を起こした時が暑い季節だったからなのか、暑さを感じると急に苦しくなりやすく、震えが止まらなくなる状態。体も小さいため、放熱が苦手というのも考えられる。

初回
全身の緊張がかなり強いため、全身調整を行ってリラックス状態を作り出すことを目的に施術を行った。

2回目(一週間後)
この一週間は凄く緊張するということが減ってリラックスできる状態が何度か出てきたとのこと。全身調整。

3回目(一週間後)
職場で緊張を強いられる場面になると息苦しくなって、汗が噴き出て、震えが出てしまうという状態ではあるが、緊張する場から離れるとすぐにリラックスできて過ごせている。全身調整と心理療法。

4回目(一週間後)
会社の朝礼に行こうとしたのだが、怖くなってしまい行けず、その結果行けない自分を責めることで再び緊張状態に入ってしまっている。全身調整と心理療法。

5回目(一週間後)
信頼している同僚の転勤による心理ストレスと整理がかっさなったことで、かなり緊張した状態で来院した。心理療法は実践しているのだが腑に落ちるところまで行けていないようである。全身調整と心理療法。

6回目(二週間後)
前回からは比較的落ち着いており、不安感が頭をよぎることはあっても震えて苦しくなったり、過呼吸発作を起こすことなく過ごせている。全身調整と心理療法。

7回目(二週間後)
緊張するような場面に出ていないこともあるが、震えや苦しさもなく調子よく過ごせている。

8回目(三週間後)
以前、緊張してしまったのと似たような場面になったのだが、今回は若干の不安感がよぎった程度で、普通に過ごせていたとのこと。

9回目(一カ月後)
調子よく過ごせており、体調も良いため今回で卒業とした。本人のなかでまだ不安な部分がある為、自信に確信が持てるまでメンテナンスでの来院。

<まとめ>
小学生の時に初めての過呼吸発作を起こしており、かなり小さい時から自分を責めてしまう傾向が強いメンタル面の改善がポイントとなった症例。

現在は自信がついたとのことで卒業されている。

施術を受けると心身がリラックスするため、安心感はあるのだが不安が強い方の場合は徐々に依存的になってしまうことがある為、適度な距離感が大切である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

一カ月前から渋滞で動悸を感じるパニック障害で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一ヶ月ぐらい前から、緊張するような場面(渋滞など)になるとひどく動悸がするようになったとのこと。

それ以前からも動悸が出ることがあり、産業医に薬物治療を受けているのだが、なかなか思ったように改善しない為来院した。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
会話をしているとかなりネガティブな感情に支配されているようで、脳が疲れているからネガティブなのか、ネガティブな思考によって脳が疲れてしまっているのかはわからない状況。首こりもひどいため身体的なアプローチと心理療法を組み合わせていく事とする。

初回
全身調整を行って残った首こりを改善。心理療法を行う。

2回目(一週間後)
あまり大きな変化は出ていない。全身調整と首こり改善。心理療法。

3回目(一週間後)
今週はほとんど動悸を感じることなく調子よく過ごせていたとのこと。全身調整と首こり改善。心理療法。

4回目(一週間後)
今週も調子よく過ごせていた。ネガティブな発言も減ってきている。全身調整と首こり改善。心理療法。

5回目(二週間後)
この二週間の間に、渋滞にはまったことがあったのだが、以前は動悸がしていたのに全く何ともなかったとのこと。全身調整と首こり改善。心理療法。

6回目(二週間後)
1週間を過ぎたぐらいから調子が少し崩れてきている感じで、胸の違和感が徐々に強くなってきているとのこと。全身調整と首こり改善。心理療法。

7回目(三週間後)
旦那さんと喧嘩して、その後しばらく調子が崩れていたが、数日したら徐々に持ち直してきたとのこと。全身調整と首こり改善。心理療法。

8回目(一カ月後)
若干の予期不安は出ているとのことではあるが、不安に飲み込まれる感じはなくコントロールできている。一カ月間、問題なく過ごせている為、今回で卒業とした。

<まとめ>
心理的な問題と肉体的な問題が合わさってパニック発作が出ていた症例。

心理療法が効いたのか、身体的に楽になったからなのかははっきりしないところは若干あるものの、ネガティブ発言が途中からかなり減っていた。

ポジティブの効用というのはポジティブ心理学で色々と確認されてはいるものの、ポジティブになれない自分を責めてネガティブになってしまっては意味がないので、ポジティブ思考よりもニュートラル思考を目指した心理療法を行った。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

二カ月前から始まった動悸、息苦しさ、喉のつまりで来院された20代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
二カ月前から突然、動悸、息苦しさ、喉のつまりといった症状が出るようになり来院。

特に出かける際にこういった症状が出て出かけられなくなってしまうことがあるとのこと。

自覚的な強い首肩こりがある。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
二カ月前から突然始まったことを考慮すると、首肩こりの悪化から脳への血流が低下し、わずかな緊張が加わるような場面に自律神経症状が出てくるようになったのではないかと思われる。脳への血流改善を目的に首肩こりの改善を行っていく事とする。

初回
全身調整を行って姿勢を整えたうえで、首肩こりに対してはりを行った。施術後、動悸はおさまったが、息苦しさと喉の違和感は改善した。

2回目(一週間後)
施術を受けた日の夜から喉のつまり感や息苦しさが緩和し始め、課題テストがあった日だけテスト直前に喉のつまり感が出たが、それ以外では動悸、息苦しさ、喉のつまり感は出ない状態で過ごせていた。全身調整と首肩こりにはり施術。

3回目(一週間後)
ショッピングセンターに買い物に出かけた時だけ喉に違和感が発生した。それ以外は元気に過ごせていた。全身調整と首肩こりにはり施術。

4回目(一週間後)
1日だけ突然症状が出た日があったがそれ以外は調子よく過ごせていた。症状が出た日が雨の日だったので、暗さからセロトニンの分泌が低下して症状が出たのではないかと思われる。全身調整と首肩こりにはり施術。

5回目(一週間後)
朝遅刻しそうになり凄く焦ってから、急激に体調が悪化。再び同期と息苦しさと喉のつまりが出始めた。全身調整と首肩こりにはり施術。心理療法を追加。

6回目(一週間後)
前回の施術後からは体調が回復して元通り過ごせている。全身調整と首肩こりにはり施術。心理療法。

7回目(二週間後)
夜更かしをした日があり、その翌日は学校へ向かうバスの中で胸に違和感が出たがそれ以外は問題なく過ごせていた。全身調整と首肩こりにはり施術。心理療法。

8回目(二週間後)
学校のテストがあり、その当日の朝だけ気持ち悪くなるような感覚は出たが、それ以外は問題なく過ごせていた。症状が動悸、息苦しさ、喉のつまりから一時的な気持ち悪さに変わってきている。

9回目(三週間後)
剣道をやった時と遊園地でアトラクションに乗った際に気持ち悪さが発生したがそれ以外では問題なく過ごせていた。

10回目(一カ月後)
気持ち悪さや動悸、息苦しさ、喉の詰まる感じは全く出ることなく過ごせていた。一ヶ月問題なかったため、今回で卒業とした。

<まとめ>
心理的な問題に対するアプローチが遅れて若干長引いてしまった症例。

この症例を診させて頂いていた時は呼吸の重要性に私自身が気が付けていなかったこともあり、今であればもっと早く効果的に改善が見込める症例ではあるが、こういった過去の学びのおかげで現在がある為、クライアントさんには本当に感謝している。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

3年前に発症したパニック障害で薬をやめたいとのことで来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にパニック障害になり、息苦しさ、動悸、不安感などの症状が出た。すぐに病院へ通院し服薬を始めたところパニック症状はコントロールできるようになったのだが、薬の副作用から太ってきてしまった。

症状も治まっていたため薬をやめたのだが、また息苦しさ、動悸、不安感などのパニック症状が出るようになり、何度か薬で対応しては太るので症状が落ち着いた時点で薬をやめるを繰り返している、現在は服薬しているが、薬を飲まない状態で過ごせるようになりたいとのことで来院した。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
薬を使うことでパニック症状がコントロールできていたことを考えると、基本的には脳内のセロトニン量の低下によってパニック症状が引き起こされているが、脳内のセロトニン低下を引き起こした原因が現在も残っていると考えたほうが自然である。触診上首こりもある為、首こり改善で脳血流を増やすこととセロトニン分泌を促す生活習慣を指導していく事とする。

初回
全身調整と首こり改善を行い、朝光を浴びるように指導。

2回目(一週間後)
前回の施術後、首肩がとてもすっきりした状態が維持できており、この一週間はパニック症状も出ていない。全身調整と首こり改善。

3回目(一週間後)
途中首のバランスが変わった影響だと思われる頭痛が何度かでたようである。パニック症状は今週も出ていない。全身調整と首こり改善。

4回目(一週間後)
今回も軽い頭痛は出たものの、パニック症状は出ていない状態とのこと。全身調整と首こり改善。

5回目(一週間後)
調子が良かったため、3日に1回程度まで減薬しているとのこと。パニック症状は出ていない。全身調整と首こり改善。

6回目(二週間後)
3日に1回の減薬を維持できており、パニック症状も出ていない。

7回目(二週間後)
現在は4日に1度程度まで減薬しており、パニック症状が出ない状態が維持できている。

8回目(一ヶ月後)
前回の施術後2週間を過ぎてから薬を全く飲んでいないのだが、調子が良くパニック症状も出ていない。

9回目(一カ月後)
1ヶ月薬を飲まずに過ごせていた。調子も良いので今回で卒業とした。

<まとめ>
首こりが主な原因で脳内のセロトニンが低下してパニック症状が出ていた症例。

途中首のこりを緩めたことでバランスが変わって頭痛が出ることもあったが、徐々に薬を減らしていって薬なしでも過ごせるようになっていった。

パニック障害の薬をやめたいという相談は受けることがあるのだが、法律の関係上どのように減薬していけばいいのかは医師と相談のうえ決めて頂く以外になく、減薬については指導をしてはいけないことから、施術回数がどうしてもかさんでしまう傾向がある。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

寝る直前に動悸、胸の違和感、不安感に襲われるため来院した30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
妊活に専念するために仕事を退職した後から、寝ようと横になると動悸、胸の前後に違和感、不安感に襲われるようになり、それによって眠れなくなり、来院した。

日中はほとんど不安な症状や動悸が出ることはないのだが、夜になると症状が出てくるようになるため、夜になるのが毎日怖いとのこと。

その他、肩こり、頭痛などの慢性症状もある。今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
仕事をしていた時から妊活は行っていたのだが、妊活をしっかりしなくてはというプレッシャーと毎月結果が伴わなくて落胆するということを繰り返してストレスが加わっていたところに、仕事を退職するという時間的な余裕が生まれたところから、頭の中で妊活について考える時間が増えてそのストレスからパニック症状が出てきてしまったのではないかと思われる。首こり改善をしながら、心理療法を組み合わせていく。

初回
全身調整を行い首こり改善を行った後、妊活の辛さについてカウンセリングを行った

2回目(一週間後)
前回の施術後、胸の前後の違和感は消失し、動悸、不安感もかなり低下したとのこと。症状が軽減したことで眠ることもできるようになったとのこと。首こり改善と心理療法。

3回目(一週間後)
不安感はほとんど出なくなり、動悸だけが気にすれば多少出ている程度で過ごせている。首こり改善と心理療法。運動を行うように指導。

4回目(一週間後)
この一週間は動悸も感じることなく過ごすことが出来ていた。運動するようになってから夜の寝つきがとてもよくなったとのこと。首こり改善と心理療法。

5回目(二週間後)
一度だけ軽めの動悸を感じることはあったが、すぐに収まり全体的に体調良く過ごせている。

6回目(三週間後)
体調良く過ごせている。一ヶ月間施術間隔をあけて問題がなければ次回で卒業予定。

7回目(一ヶ月後)
妊活で悩むようなこともなく、元気に過ごせていた。運動も継続出来ており問題なさそうな為、今回で卒業とした。

<まとめ>
妊活ストレスから自律神経が乱れてパニック症状が出ていた症例。

不妊での悩みというのは相談しにくく一人で抱え込んでしまうことも多いため、非常に強いプレッシャーがかかる。特にどちらかの両親から子供は・・っという深い意味を持たずに会話の中でしたことも後から結構悩んでしまっている。

妊娠しないことが女性としての能力に否定的な感情が生まれて自己否定的になりやすいため、きっちりと関係がないということを認識してもらう心理療法がとても有効だった症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

クロスバイクの転倒事故の後遺症による自律神経の乱れで来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にクロスバイクで転倒。その時は軽い打撲程度だと思っていたのだが、徐々に背中のはりや首の痛み、手のしびれ、自律神経の乱れからくる息苦しさ、パニック症状などが出るようになり来院した。マッサージなども定期的に受けているがあまり改善が見られない。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
交通事故などでよくみられるのだが、受傷した直後は問題がないものの、時間が経過してくるにしたがって交感神経(自律神経)が異常興奮を始めて首肩こりがひどくなってその状態が継続してしまっている状態である。通常であれば数週間ぐらいで自律神経は元の興奮状態へ戻ってくるのだが、あまりにも首こりがひどい場合にはそのまま自律神経失調症のような慢性的な症状へ移行していく。交感神経の興奮を鎮めることを目的にした施術を中心に行っていく事とする。

初回
交感神経の興奮を鎮める目的で、全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩めるという施術を行い施術終了。

2回目(一週間後)
前回の施術後から背中のはり、首の痛み、手のしびれ、息苦しさといったすべての症状が警戒した状態で過ごせていたとのこと。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

3回目(一週間後)
手のしびれは中指に少し残る程度でほとんどなくなった。背中のはりや息苦しさもほとんど感じることはなかった。首も痛みはなくなったがこり感が残る。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

4回目(一週間後)
かなり体調が良くなり、寝込むことがなくなっているとのこと。肩こりが若干出ている程度である。全身調整、内臓調整、全身の筋肉を緩める。

5回目(二週間後)
背中のはりが軽く出たりはするが、状態は安定している。

6回目(三週間後)
途中方が重かったり、腰が重かったりといった症状は出た。一度だけ症状が強く出た日があったがそれも自然回復した。

7回目(一ヶ月後)
問題なく元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
事故後の自律神経の乱れからくる症例。

交通事故など強い衝撃が体に加わるとそこから急激に交感神経が高まって自律神経失調症へと移行していく事があるが、事故後のケアが不十分でそのような状態で3年も経過していた症例。

事故後の初期に適切な対応をしていると、ほとんどの場合問題なく改善するのだが、今回の症例のように何年か体調不良が継続してしまうと自律神経系にダメージを負って無理が出来なくなるといったレベルの回復までが限界となるケースが多い。

幸い今回の症例では自律神経系へのダメージがそこまでひどく進行していなかったことが幸いした症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

5年前に発症したパニック障害が悪化後体調不良が出てくるようになり来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
5年前にパニック障害となり、動悸、喉の違和感、息苦しさの症状があるのだが、安定剤を飲みながらなんとなく誤魔化し誤魔化し生活していたのだが、二カ月前にパニック発作で救急車を呼んで運ばれることがあり、それから体調不良が継続している為何とかしたいとのことで来院した。

職場でのストレスが原因ではないかと思い、退職をしたのだが大きくは変わらなかったため、最近、転職を行っている。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
カウンセリングをしていて、思い込みが激しい面があることと、特定の部分に対する執着が強いことがうかがえる為、そういったところからストレスを受けやすくなっているのではないかと思われる。身体的なアプローチと並行して心理アプローチが有効だと思われる。

初回
全身調整と首こり改善を行う施術を行った後、心理療法を行った。

2回目(一週間後)
施術直後から息苦しさや動悸はおさまっていたのだが、ちょっとしたことではあるが心理的にストレスを受けた後から再び症状が再燃している。全身調整と首こり改善、心理療法。

3回目(一週間後)
会社の上司に相談し、出社時間を一時間遅らせるようになってから体調が改善。電車の中で苦しくなるということが完全になくなったとのこと。全身調整と首こり改善、心理療法。

4回目(一週間後)
無理して頑張った翌日に1回だけ動悸が出たが、それ以外の日は動悸、喉の違和感、息苦しさという症状を全く感じることなく過ごせていた。全身調整と首こり改善、心理療法。

5回目(二週間後)
二週間の間に一度インフルエンザにかかって体調不良にはなったが、それ以外ではパニック症状もなく元気に過ごせていた。

6回目(三週間後)
体調良く過ごせており、パニック症状も出ていない。問題なければ次回卒業。

7回目(一ヶ月後)
基本的には元気に過ごせているのだが、数秒間だけ胸に痛みが出ることが数回あった。原因がよくわからない為、経過観察でもう一カ月様子を見る。

8回目(一ヶ月後)
胸の痛みも出なくなり、元気に過ごせていた。今回で卒業とした。

<まとめ>
ストレスに連動してパニック症状が出やすかった症例。

育った家庭環境が少し複雑だったこともあり、認知のゆがみが発生していてそれによって必要以上にストレスを感じてしまっていたことからパニック障害を発症したようである。

パニック症状が治まってからも、カウンセリングの中で何度かストレスを受けやすい思考をしている場面が見られたが、徐々に変わってこられたことで改善にまで至ることが出来た。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

パニック障害後のめまい、耳のつまり、肩こりなどの残遺症状で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
6年前にパニック障害になり、自分で認知行動療法や運動療法、サプリなどでパニック発作はコントロールが出来るようになっているのだが、めまいと耳のつまり、肩こり症状がひどくなってくると人の話を聞いたり高速道路、待っているときなどにソワソワするという状態でここ1~2年過ごしている。

自分でも色々やってきたおかげで一番つらかった時に比べれば仕事もできているものの、残っている症状が改善しない為来院した。

<施術内容と経過>
食事もかなり勉強をされたうえで取り組まれており、食事内容に極端な不備もなく生活習慣も規則正しく、睡眠時間も十分に確保できている。肩こりだけが若い時からひどくそこが改善されていないので、栄養素などは十分である物の古い首肩こりが脳への血流を邪魔してしまっているのではないかと考えられる。

初回
全身調整と首肩こりに対してはり施術を行った。施術後は今まで感じたことがないぐらい肩が軽いと驚いていた。

2回目(一週間後)
前回の施術後、めまい、耳のつまり、息苦しさ、ソワソワした感じが劇的に改善した。自覚的な肩こりのみを訴えられる。全身調整と首肩こりに対してはりを行った。

3回目(一週間後)
自律神経症状はそれほど出ておらず、若干の肩こりを感じる程度で過ごせていた。全身調整と首肩こりに対してはりを行った。

4回目(一週間後)
体調良く過ごせていたとのこと、全身調整と首肩こりに対してはりを行った。

5回目(二週間後)
長距離の運転や人と話をすることも多かったが調子よく過ごせていた。

6回目(三週間後)
特定の人と話をしている時だけ肩こりがひどくなって若干ソワソワしてきてしまうとのこと。心理療法を追加で行った。

7回目(一カ月後)
前回心理療法を行ってから特定の人と話をしている時に肩こりやソワソワ感が出る症状もなくなり、一カ月間元気に過ごせている。今回で卒業とした。

<まとめ>
当院へ来られるよりも前に、相当パニック障害について勉強して心理的なアプローチ、栄養学的なアプローチも行っていたためとても順調に改善していった症例。

来院されるようになってからメンタル的にもかなり落ち着くようになったり、心理的にも内面の変化が大きく出ていて話をしていて自己肯定感が上がってきていることが分かった。

心理療法、栄養療法、脳血流この三つがバランスよく整うことで改善していくということを改めて学ばせて頂いた症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。