一カ月前から始まった起立性調節障害による頭痛で来院された高1男子(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一ヶ月ぐらい前から、おでこのあたりに頭痛が出るようになり、病院へ行ったが緊張型頭痛との診断で痛み止めを飲んでいるが一向に改善しない為来院した。

頭痛は特に朝ひどく、午後にかけて軽くなる傾向があるが、完全に出ない日はほとんどないとのこと。

続きを読む

昨年に乳がんの治療を終えた後から、再発の不安から不安障害が発症してしまった30代女性(浜松市)の症例

<初診時のカウンセリング>
昨年、乳がんが見つかり、切除術を行って治療は完了しているのだが、再発の不安感が頭の中をぐるぐると回ってしまい、ずっと不安な気分でいるようになって、しまい来院した。

乳がんで病院へ受診してはいるが、予後は現在良好とのこと。

続きを読む

仕事ストレスから20代の時にもなったパニック障害が再発して来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20代の時にパニック障害になり、投薬治療などでいったんは症状が安定していたのだが、最近仕事のストレスから再び不安感が強く出るようになった。

原因が仕事だと思い、すぐに退職して療養しているが、思ったよりも不安感が解消されず当院へ来院された。

続きを読む

夏休み明けぐらいから頭痛で朝起きられなくなった起立性調節障害疑いの中1男子(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
夏休み明けの2週間ほど前から、おでこを中心に頭痛が出るようになり来院。朝、特に頭痛が酷く午後になるにしたがって頭痛症状が軽くはなるものの、ずっと頭痛が続いている。

冷やすと幾分痛みがまぎれる為、アイスノンで額を冷やした状態で来院した。

続きを読む

一ヶ月以上続く息苦しさ、動悸、喉の違和感、不安感で来院された40代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一ヶ月ちょっと前から、息苦しさや動悸、喉の違和感、不安感が突然出るようになり、心療内科へ行ったが抗不安薬を飲むことに抵抗があり、薬を使わないでの改善を希望して当院へ来院した。

特定の条件で症状が出るというよりも、持続的に息苦しさ、動悸、喉の違和感となんとなく落ち着かない不安感が継続している。

続きを読む

自律神経の乱れからくる毎日の頭痛、だるさ、喉の違和感で来院された40代女性(袋井市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20代の時から疲れるとすぐに頭痛が出る状態であったのだが、徐々に頭痛が出ることが増えて、気が付くとほぼ毎日頭痛が出るようになっている為来院した。

頭痛は頭を締め付けられるような緊張型頭痛であるが、だるさ、気力のなさ、喉の違和感などもある為、単純な緊張型頭痛というよりは自律神経失調症に近い頭痛での来院。

続きを読む

半年前から、苦手な人との会話中や人を乗せて運転する際に、めまい、動悸、不安感が現れるようになった50代男性(浜松市)の鍼灸症例。

<初診時のカウンセリング>
半年ぐらい前から、徐々に人を助手席に乗せて運転したり、苦手な人と話したり、威圧的な人の話を聞いていると、めまいを感じてから動悸や不安感が現れるようになった。

今は何とか誤魔化し誤魔化し生活はしているものの、同僚とお昼ご飯を食べていてもこのような症状が出る為何とかしたいとのことで来院。

症状的には対人恐怖症に発症機序が似ているが、はっきりしたことはわからない。

続きを読む