パニック障害

パニック障害後のめまい、耳のつまり、肩こりなどの残遺症状で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
6年前にパニック障害になり、自分で認知行動療法や運動療法、サプリなどでパニック発作はコントロールが出来るようになっているのだが、めまいと耳のつまり、肩こり症状がひどくなってくると人の話を聞いたり高速道路、待っているときなどにソワソワするという状態でここ1~2年過ごしている。

自分でも色々やってきたおかげで一番つらかった時に比べれば仕事もできているものの、残っている症状が改善しない為来院した。

続きを読む

パニック障害の再発で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にも一度パニック発作を起こしたことがあるのだが、その時はすぐに治まりその後何度も出るということものなく過ごせていたのだが、5カ月前からめまい、胃の不快感、食欲不振、喉のつまり感などの症状が出るようになり、トンネルを走っている最中に急に動悸と息苦しさをを感じるようになってから過呼吸発作を起こしかかったとのこと。

病院へ行って薬を処方してもらっているものの、症状はあまり回復せず、運転中にパニック発作が出たらと怖くなってしまっている。

続きを読む

2カ月前に発症したパニック障害で来院された20代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
二カ月前に突然の動悸と息苦しさからの過換気発作を起こし、病院を受診したところパニック障害と診断された。

その病院では特別薬物治療をやっていきましょうという感じではなく、様子見の状態ではあるがパニック発作が時々出てしまうことと、いつ出るのか?という予期不安がはじまり始めてどうしていいのかわからなくなり当院へ来院した。

予期不安が強めで仕事は休職している。

続きを読む

5年前に発症したパニック障害で来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
5年前にパニック障害となり、動悸、喉の違和感、息苦しさの症状があるのだが、安定剤を飲みながらなんとなく誤魔化し誤魔化し生活していたのだが、二カ月前にパニック発作で救急車を呼んで運ばれることがあり、それから体調不良が継続している為何とかしたいとのことで来院した。 続きを読む

事故の後遺症による自律神経の乱れで来院された30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にクロスバイクで転倒。その時は軽い打撲程度だと思っていたのだが、徐々に背中のはりや首の痛み、手のしびれ、自律神経の乱れからくる息苦しさ、パニック症状などが出るようになり来院した。マッサージなども定期的に受けているがあまり改善が見られない。 続きを読む

寝る直前に動悸、胸の違和感、不安感に襲われるため来院した30代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
妊活に専念するために仕事を退職した後から、寝ようと横になると動悸、胸の前後に違和感、不安感に襲われるようになり、それによって眠れなくなり、来院した。

日中はほとんど不安な症状や動悸が出ることはないのだが、夜になると症状が出てくるようになるため、夜になるのが毎日怖いとのこと。 続きを読む

3年前に発症したパニック障害の改善で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年前にパニック障害になり、息苦しさ、動悸、不安感などの症状が出た。すぐに病院へ通院し服薬を始めたところパニック症状はコントロールできるようになったのだが、薬の副作用から太ってきてしまった。

症状も治まっていたため薬をやめたのだが、また息苦しさ、動悸、不安感などのパニック症状が出るようになり、何度か薬で対応しては太るので症状が落ち着いた時点で薬をやめるを繰り返している、現在は服薬しているが、薬を飲まない状態で過ごせるようになりたいとのことで来院した。 続きを読む

パニック障害で来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一ヶ月ぐらい前から、緊張するような場面(渋滞など)になるとひどく動悸がするようになったとのこと。

それ以前からも動悸が出ることがあり、産業医に薬物治療を受けているのだが、なかなか思ったように改善しない為来院した。 続きを読む