身内の不幸が重なったストレスから、運転中のパニック発作で来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一年ぐらい前に身内の不幸が重なったストレスから過呼吸発作を起こした。その後、体調不良が続いていたため一ヶ月ほど仕事を休んで、働ける程度には回復して過ごしていたのだが、ここ一ヶ月ぐらい前から運転中に喉に違和感が出て、手足の発汗、動悸、胸が締め付けられる、過呼吸といった発作が出るようになった。

仕事がトラックドライバーである為、このままだとまた働けなくなると思い来院した。

病院では自律神経失調症のようなパニック障害のようなという濁された感じでの診断しか受けていないが、薬を飲んでもそれほど回復しない。

運転以外にも痛みを感じるとそこからパニック発作が誘発されるようで、元々持っている背中から腰に掛けてのこりからくる痛みで過呼吸を起こしてしまう。

過呼吸発作を起こした後は体調不良が続いている。

<施術内容と経過>
症状が過呼吸(過換気症候群)に偏っている為、過呼吸発作で発生してしまった全身残りを緩めることと、正しい呼吸法をしっかりと指導することをメインに据えて行っていく。

初回
全身調整、内臓調整を行って痛みから誘発されるパニック発作が出にくいように施術を行った。過呼吸のメカニズム、呼吸法の指導を行った。

2回目(一週間後)
前回の施術後3日ぐらいまでは、まだ体調不良が続いていたのだが、4日目以降からは運転していても全く平気になり、背中の痛みもほとんど感じなくなったとのこと。呼吸の方法が大幅に改善しており、あまり問題が手てこない感じがあったため、通常のパターンよりも早いが2週間様子を見てみる。全身調整と内臓調整。

3回目(二週間後)
発作が起こる前の予兆をたまに感じることはあったが呼吸法を行えばコントロールできている為問題なく過ごせているとのこと。2週間何ともなく過ごせていたことで自信もついている為、
今回で卒業とした。

<まとめ>
呼吸がメインでパニック発作を引き起こしていた症例。

通常は呼吸を指導しても、なかなか慣れるまで継続できないのだがこの症例では、かなり努力していたおかげで、呼吸法の上達が非常に早く過去最速の改善症例となった。肉体的な問題が思ったよりも複雑なダメージを受けていなかったということと、元々家族の不幸をきっかけに食事、運動、睡眠などにもかなり気を付けて基本的な生活習慣が整っていた為ことが大きいと思われる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

パニック障害の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。