首肩こりからの緊張型頭痛が悪化して毎日薬が効かなくて困って来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
元々首肩こりがひどくなると緊張型頭痛が出ていたのだが、2週間前から頭痛が酷くなってこの2週間はほぼ毎日頭痛が出るようになり、痛みの程度もひどい。

鎮痛薬を飲んでもあまり効果が見られない為、当院へ来院した。

首肩こりがひどくなると首が動かせなくなることも多いとのことだが、今続いている頭痛は首のこりはそこまでひどくなく動かすこともできる。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
首肩こりからの緊張型頭痛が元々あったところに、そのダメージの蓄積から首の筋肉の緊張バランスが2週間前に突然保てなくなって頭痛が悪化したのだと思われる。首肩こりの緊張を緩めていく事とする。

初回
全身調整と首肩こりと頭痛の場所が右の後頭部から前頭部にかけてと限局している為そこにも鍼を行って施術終了。施術後は頭痛の痛みは違和感程度まで改善したとのこと。

2回目(一週間後)
前回の施術後から頭痛は発生することなく過ごせていたとのこと。むしろ、慢性腰痛の方が気になるとのことで、そちらも併せて施術を行った。全身調整、首肩こり、頭部へのはり施術。

3回目(一週間後)
今週は肩こりを感じた時に頭に重さを感じることがあったが頭痛までは症状が悪化することなく過ごせていた。全身調整、首肩こり、頭部へのはり施術。

4回目(一週間後)
頭痛も肩こりもなく、腰の調子も良い。施術間隔をあけながら様子を見ていく。全身調整、首肩こり、頭部へのはり施術。

5回目(二週間後)
二週間間をあけたが、頭痛も出ることなく楽に過ごせていたとのこと。

6回目(三週間後)
途中心理ストレスを受けた際に頭痛が発生したが、それ以外は頭痛もなく元気に過ごせていた。

7回目(一カ月後)
元気に過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
首肩こりからの頭痛症例。

首の深いところ一部分だけがかなり頑固なこりがあり、緩めるのに苦労はしたものの首こりの改善と比例するように頭痛が改善されていった。

首の骨に近いところぐらいまでの深いこりからの頭痛は、緩め方を間違えると頭痛症状がひどくなるため慎重に施術を行ったが、時々自分でマッサージ屋さんに行って首こりを受けて悪化させてしまうことも多いため、施術期間中だけはマッサージは控えてもらうという説明は大切になってくる。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました