1年ぐらい前から続く首こりと肩甲骨周辺の痛みで来院された40代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
一年前ぐらいから首こりが気になるようになり、最近になって右の肩甲骨当たりに痛みが出るようになってきた為、来院した。

上を向くとズキっと肩甲骨と背骨のあたりに痛みが走り、上をみない状態でも肩甲骨周辺にこり感を感じている。

今回、はじめて鍼灸をうける。

<施術内容と経過>
首こりがひどくなったことで首の神経が圧迫を受けて上を向いた際に強い痛みが出る神経根症状が出ているのではないかと思われる。首こりを改善したうえで頸椎、胸椎の動きをよくする整体を組み合わせた施術を行っていく事とする。

初回
全身調整と首こりに対してはりを行ってから、胸椎から頸椎の骨の間を狙ってはりを行い動きをよくするための整体を行った。施術後は上を向くと若干違和感が出るが来院時ほどの痛みは感じなくなったとのこと。

2回目(一週間後)
前回の施術の翌日首から背中にかけてだるさが出たが、翌々日からは軽い違和感がある程度で痛みまでは感じることなく過ごせていた。全身調整、首にはり、頸椎、胸椎にはりを行ってから動きをよくする整体を行った。

3回目(一週間後)
今週は違和感もほとんど消えて感じることがなくなり、調子が良かったとのこと。全身調整、首にはり、頸椎、胸椎にはりを行ってから動きをよくする整体を行った。

4回目(三週間後)
二週間の提案ではあったが、予定が合わず3週間後での来院であるが、二週間を過ぎたあたりから首こりが気になりだし、痛みが復活してきている。施術後も痛みが残っている状態。

5回目(二週間後)
前回施術後3日目ぐらいから前のように違和感もほとんど消えた状態に戻り、残りの期間は調子よく過ごせていた。

6回目(三週間後)
三週間間をあけたが、今回は途中でこりが強くなってくることもなく過ごせていた。

7回目(一カ月後)
違和感も首こりも感じることなく過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
首こりから神経根症状が誘発されていた症例。

神経根症状が出始めてからの来院が比較的早かったため、改善までそれほど手間取ることなくスムーズな改善につながったと思われる。

施術間隔をあけていくときに予定外に3週間間が空いてしまった際にぶり返してはしまったが、施術が必要ない体に近づけていくには適切なタイミングでの施術が大切であると再認識させて頂いた症例。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました