小学生の時の交通事故後から発生した慢性頭痛が2年前の産後から悪化して来院された20代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
小学生の時に交通事故にあい、その後から肩こりや頭痛が出るようになった。年齢が上がるにしたがって徐々に悪化している感じはあったのだが、2年前の出産後から急激に頭痛の頻度が増加し、現在は頭痛がない日の方が少なく、月の約半分は鎮痛薬を飲んでいる状態とのこと。

このまま薬を飲み続けて大丈夫なのか不安もある為、薬を飲まないようになりたいとのことで来院した。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
小学生の時の交通事故がおそらくむち打ち症に近い状態にあり、その後遺症をずっと引きずった状態で、身体的心理的に大きな負担のかかる出産・育児によってより頭痛が悪化したと思われる。ベースにある古いむち打ち症を改善すれば頭痛は改善されてくるのではないかと考えられる。月の約半分の鎮痛薬の使用なので、薬物乱用頭痛になってさらに悪化している可能性もある。

初回
首肩回りを調べると、首に硬結(こり)があり押すと頭に痛みが響く。おそらくそのこりが頭痛を引き起こしているのではないかと思われる。全身調整と全身をはりで緩めた後、首のこりを狙ってはりを行った。施術後は今日来院時に感じていた頭の痛さは改善されていた。

2回目(一週間後)
施術後3日間は鎮痛薬を飲んだが、それから4日間は鎮痛薬を飲む必要もない程度の頭痛で過ごせていたとのこと。全身調整と全身をはりで緩めた後、首のこりを狙ってはりを行った。

3回目(一週間後)
天気が崩れた日と生理前で1回だけ鎮痛薬を飲む必要があるレベルの頭痛が出たが、それ以外は頭痛が出ない日もあり、でても比較的軽く楽に過ごせていた。全身調整と全身をはりで緩めた後、首のこりを狙ってはりを行った。

4回目(一週間後)
天気が悪かった日が多かったため、鎮痛薬を飲む回数が3回と多かったとのこと。全身調整と全身をはりで緩めた後、首のこりを狙ってはりを行った。

5回目(10日後)
生理も終わってからの間は調子が良く、2回ほど頭が痛いことはあったが鎮痛薬が必要なレベルではなく体調良く過ごせていた。

6回目(三週間後)
生理前後だけ頭痛が出たがそれ以外は鎮痛薬もなく過ごせていた。

7回目(一カ月後)
生理前後での頭痛の乱れがやはり残っているが、頭痛の回数そのものは月に治すと4日まで減っている為、本人的にこのぐらいであればとのことで、今回で卒業とする。

<まとめ>
交通事故後の後遺症による頭痛に生理の問題が合わさった症例。

生理の問題は当院が専門ではない側面がある為、一般的な頭痛の改善までできても生理の時だけ体調不良が残るケースでは自律神経系からのアプローチだけではなかなか改善が難しいという現実を突きつけられた症例であった。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。