首を動かしたときの首肩の痛みと右腕のしびれで来院された20代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
元々首肩こりの自覚はあったのだが、最近になってから首を動かしたときに首から肩にかけて激痛が走るようになり、何もしていない時でも右腕にしびれが出るようになったため来院。

特に上を向く動作をしたときに肩のあたりにひきつれるような痛みがでる。腕のしびれは右の前腕の尺側(小指側)にひりひりするようなピリピリするようないしびれ感を感じるとのこと。

<施術内容と経過>
ゆっくり上を向いていってもらうと、突然痛みが現れる為、肩の痛みは神経根症状だと思われる。首周りの筋肉を緩めたうえで神経根を狙ってはりを行っていく事とする。腕のしびれについては、モーリーテストが陽性(腕に向かう神経が通る首の付け根を抑えた時に腕にしびれが出る)の為、胸郭出口症候群であると考えられる。原因となる斜角筋の緊張も強いため斜角筋を緩めていく事とする。

初回
全身調整を行ったうえで、神経根と斜角筋を狙ってはり施術を行った。施術後は上を向いても痛みが消失し、腕のしびれもほとんど消えたとのこと。

2回目(一週間後)
右腕のしびれは出ていないのだが、バランスが変わった影響からか今度は左にもしびれが出るようになったため、左の斜角筋にもはりを行った。普通にしているときの首肩のこり感はだいぶ良いのだが、上を向くと前回同様痛みが誘発される状態。全身調整の後、神経根、左右の斜角筋へはりを行った。

3回目(一週間後)
今週は腕のしびれはほとんど感じることなく過ごせていたとのこと。首を動かしても以前のように痛いということはなかったが、こっている感じはまだ残っているとのこと。全身調整を行ってから、神経根と左右の斜角筋にはりを行った。

4回目(一週間後)
この一週間はかなり調子が良く、肩こりもほとんど感じることがなかったとのこと。全身調整、神経根、左右の斜角筋にはりを行った。。

5回目(二週間後)
二週間間があいたのだが、仕事が忙しくて夜遅くまで働いていた時に腕にしびれが出たが、翌朝には回復していたとのこと。そのほかは体調良く過ごせていた。

6回目(一カ月後)
首肩は調子が良く過ごせており、痛みを感じることは全くなかったとのこと。腕のしびれもたまにしびれている感じが出ることはあるが、一晩寝れば代替回復してしまう状態で維持できている。
今回で卒業とした。

<まとめ>
神経根症状と胸郭出口症候群が併発していたと思われる症例。

上を見た時に首や肩に痛みが走る、腕がしびれるというどちらか一方だけが出ることが多いのだが、この症例では併発していたため、おそらくもともと軽い神経根症状が何年もあったうえで来院されたのだと思われる。

20代と若いこともあり、身体の状態が複雑な割に、比較的早く改善が出来た。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。