人と話す、人前で話すだけでも過剰に緊張してしまう社交不安障害症状で来院された30代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
人と話したり、大勢の前で話をする、資格試験の受験など、誰しもあるような緊張するシーンに出くわした時に、多少の緊張感はあっても、普通にできていたのだが数か月前から徐々にそういった軽い緊張を誘発するようなシーンになると過剰な緊張で手足に以上に発汗したり、心臓が異常にドキドキしたり、声がうまく出せなくなったりといった過緊張の症状が出るようになり、最近は親しい人と話していてもそういった症状が出てくるようになってしまったため来院した。

今回、初めて鍼灸を受ける。

<施術内容と経過>
緊張状態に入りやすいことを考えると、普段から若干高めの緊張状態にあるようなので、リラックスしやすい体の状態にして、後は呼吸法と心理療法を組み合わせていく事で改善を狙っていく事とした。

初回
全身調整をして筋肉を柔らかくした後、呼吸法を伝える。心理療法では暴露療法を行っていく事が有効だと思われるため、自分にとってつらくないレベルの緊張することの回数を増やしてもらう。

2回目(一週間後)
すごく緊張するようなことはなく過ごせていたとのこと。緊張しかかった時に伝えてある呼吸法を行うとすぐに緊張が緩んでくるとのこと。全身調整を追加で行うが、前回の来院時よりもかなり全身の筋肉が柔らかくなってリラックスできているようである。

3回目(一週間後)
大人数の前で話をする機会があったが、多少の緊張感は感じたものの、今までのような手足の発汗などはでなくなり、声も普通に出すことが出来たとのこと。

4回目(二週間後)
多少の緊張感はよぎるものの、身体的な過緊張状態はおこっていないとのこと。一ヶ月間をあけてみて問題がなければ卒業とする。

5回目(一ヶ月後)
調子よく過ごせていたため、今回で卒業とした。

<まとめ>
分類するのであれば、恐怖症ということになるかと思うが、心的外傷後ストレス障害などの過去のトラウマ体験がない場合には、身体的な過緊張を解除して、リラックスしやすい呼吸をしながら何度も緊張しないということを繰り返し学習していく事が有効な改善法になることを改めて確認できた症例。

 

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

自律神経の症状改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:火木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。