朝起きられないで来院された中学3年男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
中学3年の夏休み明けぐらいから、朝起きて学校に行くことが出来ないことがあり、11月ぐらいから起きられない日が増えてきて2週間学校へ行くとその後1週間ぐらい朝起きられなくなって学校を休むといった経過をたどっている。頭痛はないが、朝起きた時にだるさとやる気が出ない(意欲の低下)などが出ている。

母親に連れられて来院。

小さい時から、朝起きるのが元々苦手で、血圧は正常。

今回、初めて鍼灸を受ける。

 

<施術内容と経過>
首周りの筋肉の緊張が強く起立性調節障害の可能性がある。話を聞く限りだと、特別メンタル的な問題は抱えていないように思われる。

初回
首の周りの筋肉の緊張をとる目的で、身体全体のゆがみを改善。

2回目(一週間後)
前回の施術後から今週は問題なく学校へ行けていた。引き続き首周りの筋肉の緊張をとる目的で身体全体のゆがみの改善と首の周囲に刺さないはりを行って筋肉を緩める。

3回目(一週間後)
初回施術から、2週間問題なく過ごせており、自覚的な体調も良いとのこと。次の一週間問題がなければ、2週間学校へ行くと1週間学校へ行けなくなるという周期から外れるため、施術効果として認められる。

4回目(一週間後)
今週も問題なく学校へ行けており、この数ヶ月の間では最長記録。施術効果が見られたため、今回から施術間隔をあけてみていく。

5回目(二週間後)
夜更かしをしてしまった翌日は若干起きるのが辛かったそうだが、基本的に朝起きられず学校を休むこともなく生活できているとのこと。


6回目(三週間後)
夜中までゲームをしていて、1日だけ翌日起きられなくなったが、その日しっかり睡眠をとったら翌日からは普通に学校へ行けるように体調が回復した。

7回目(四週間後)
全く問題なく過ごせており、修学旅行へも行ってくることが出来た。体調に不安もないため今回で卒業とした。

 

<まとめ>
二週間は活動できるが、一週間朝起きられなくなるという非典型的な症状ではあるが、おそらく起立性調節障害の一種ではないかと思われる症例。原因は不明だが首のこりがひどくなって眠りが浅くなったことから、朝起きられないという症状が出てきたようである。改善に関して母親が本人の意思に任せるという方針を貫いてくれたことで、本人の治そうとする自立心も高く、非常に施術を行いやすかった。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。