20代から悩まされてきた頭痛の40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
20代前半から首肩こりにい悩まされるようになり、頭痛もするようになった。頭痛の頻度が徐々に増えていき、悪い時は半月以上毎日鎮痛薬を飲み続けているような状態。同じ日に4時間毎に鎮痛薬を飲まないと痛くて生活できない状態の日もある。

マッサージなども受けてはいるが、その場は気持ちよくても、家に着くころには元に戻ってしまう。鎮痛薬の効きが徐々に悪くなっている為、当院へ来院した。

昔、鍼灸を受けたことはあるが、あまり良くならなかった。

頭痛

<施術内容と経過>
慢性的な肩こり、首こりを放置してしまった結果、緊張型頭痛になり鎮痛薬を多用していたことで薬物乱用頭痛になってしまい徐々に鎮痛薬が効かなくなってきていると考えられるため、首肩こりの改善を目標に施術を開始する。

初回
体が大きくゆがんでおり、ゆがみの原因を調べていくと心臓に異常反応があったため解除。そうすると、体が安定し首の筋肉の緊張も緩んだ。あとは鍼で全身をゆるめて施術終了。

2回目(一週間後)
施術の翌日に一度すごく頭痛が出て、それが収まってからは逆に軽くなっている。おそらく筋肉をゆるめたことで、圧迫されて麻痺していた神経の働きが正常化して、一時的に痛みが強くなったようである。心臓の異常反応を解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。

3回目(一週間後)
頭痛が合計4回発生したが、3回は痛み止めがなくても耐えられるレベルの軽いものだった。首が以前よりも動かしやすくなっているのを実感している。心臓の異常反応を解除、全身を鍼で緩めて施術終了。

4回目(一週間後)
頭痛は2回出たが、痛み止めは飲まずに過ごせている。全身を鍼で緩めて施術終了。施術間隔を広げる。

5回目(二週間後)
途中まで調子が良かったが、生理が来た時に結構ひどい頭痛が出た。左卵巣に異常反応が出ていた為解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。

6回目(二週間後)
今回は全く頭痛もなく、首肩こりもほとんど自覚することなく過ごせていた。左卵巣の異常反応を解除、全身を鍼で緩めて施術終了。

回目(三週間後)
生理前にちょっと頭が重たくなることはあったが、それほど痛みが強く出ることもなく過ごせていた。全身を鍼で緩めて施術終了。

8回目(一ヶ月後)
生理前後で若干、頭が重くなるとのことだが、日常では元気に過ごせているとのことで、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
心臓、卵巣が原因となって発生していた首肩こりから頭痛になっていた症例。

常に状態が悪かった方の体調が改善してくると、雨や生理など、特定の条件の時にだけ頭痛が出るようになるが、日常生活ではそこまで影響しないレベルの為、センサーとして働いていると判断して卒業となった。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。