毎日発生する片頭痛と頚椎症の40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
3年ぐらい前に頭痛と頚椎症との診断を受けており、病院で治療を受けてはいたのだがだんだんひどくなり、今は毎日痛み止めを飲まなくては過ごせない頭痛と、上を向くと肩の付け根のあたりに痛みが出る状態で生活している。

少しでも楽になりたいとのことで、当院へ来院した。

鍼灸は今回初めて受診する。

頭痛と首の痛み

<施術内容と経過>
首の筋肉が異常に緊張しており、それが原因で頭痛と頚椎症になっているのではないかと思われる。毎日痛み止めを飲んでいる為、薬物乱用頭痛も併発していると思われる。首の筋肉を緩める事を中心に施術を開始する。

初回
気管支と肺に異常反応があり、話を聞くと子供の時に喘息持ちだったとのこと。異常反応を解除すると6割ほど首の筋肉の緊張が緩和されたが、首の深いところの筋肉までは緩まなかった。緩めすぎて悪化する可能性があったため、あとは鍼で全身をゆるめて施術終了。

2回目(一週間後)
1日だけ頭痛が出ない日があり、他の日も比較的頭痛の痛みが軽かったようである。上を向くと痛いのは首の骨の調整を行えていないので、そのまま残っている。気管支と肺の異常反応を解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。

3回目(一週間後)
頭痛が4回出たが全く出ない日が3日も出てきたと喜んで報告を受ける。首の筋肉の深いところの緊張がまだ残っている。気管支と肺の異常反応を解除し、首の骨の調整を行ってから全身を鍼で緩めて施術終了。

4回目(一週間後)
上を向いたときの痛みが前回の施術後から半分ぐらいまで軽くなり、頭痛も3回(うち2回は軽かった)まで減っている。首の深いところの筋肉の緊張をゆるめてから、首の骨の調整を行い、全身を鍼で緩めて施術終了。

5回目(一週間後)
今回は頭痛が出なかったとのことで、上を向いたときに軽く痛みは残るが楽に過ごせている。首の骨の調整を行い、全身を鍼で緩めて施術終了。施術間隔を広げる。

6回目(二週間後)
後半、2回ほど頭痛は発生したが、いずれも痛みは軽く痛み止めも飲まずに過ごせている。上を向いたときにわずかに違和感が残る。首の骨の調整、全身を鍼で緩めて施術終了。

回目(三週間後)
調子が良かったため、夜更かしするなど不摂生をした時だけ頭痛が出たが、あとは問題なく過ごせていた。上を向くのも問題なくなっている。全身を鍼で緩めて施術終了。

8回目(一ヶ月後)
非常に軽い頭痛は出るが、これくらいの状態であれば問題ないとのことで、今回で卒業とした。

 

<まとめ>
呼吸器の問題から首こりが発生していた症例。

年齢が上がってくると喘息そのものは改善してくることが多いが、呼吸器が弱いという体質そのものは変わっておらずそれが首こりとなって症状を引き起こしていた。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

この症例に興味を持たれた方へ

症例をご覧いただきましてありがとうございます。心身堂の佐野です。

こちらの症例ページでご紹介させて頂いた内容は、実際に当院で施術させて頂いたクライアント様です。

もしあなたが悩まれている症状が、同じような症状で、当院でお力になれるかと思います。
(※効果には個人差があります。)

体や心のことでお困りでしたら、「ホームページをみた」と今すぐ下記電話番号へお電話ください。

心身堂鍼灸院(休診:木日)

〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山1-8-21

電話(電話受付8~20時):053-477-0596

完全予約制。祝日診療。

院長 佐野 佑介

 

 

 


心身堂ホームページ

SNSでもご購読できます。