コメカミにズキンズキンとする片頭痛の20代男性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>
小学校低学年ぐらいから、月に一回程度コメカミのあたりに、心臓の鼓動に合わせた鋭い痛みの頭痛(片頭痛)があり、社会人になってから週に3~4回ぐらいまで片頭痛が出るようになった。病院で予防薬なども試したがあまり効果はなく、予防薬を飲むと気持ち悪くなってしまう為、片頭痛の頓服のみ使用している状態。

徐々に回数が増えてきているのと、薬が効かないこともある為、何とかなる方法はないかと来院した。

鍼灸は今回初めて受診する。
コメカミにズキンズキンとする片頭痛の20代男性(浜松市)の鍼灸症例

 

<施術内容と経過>
片頭痛の原因で最も発生しやすいのが、首肩こりにより、頭部へ向かう血管が圧迫を受けていることが多いのだが、こりはあるのだが極端にひどいわけではない。調べていくと、内臓系に異常反応がある為、内臓主体で施術を開始する。

初回
心臓、胃、小腸に異常反応があり、異常反応を解除。首肩周りの筋肉が緩み血流が良くなったのか全身が温かくなってきたため、後は鍼で全身をゆるめて施術終了。

2回目(一週間後)
頭痛は2回発生して、普段よりも痛みの程度が軽かったとのこと。仕事も忙しく寝ても疲れが取れていなかったのだが、施術後から熟睡できるようになり朝スッキリ起きられるようになった。心臓、胃、小腸の異常反応を解除してから、全身を鍼で緩めて施術終了。

3回目(一週間後)
頭痛が1回、片頭痛が出る前に光がまぶしくなることがあるのだが、光がまぶしくなっただけで頭痛が出なかったのが1回。胃と小腸の異常反応を解除。全身を鍼で緩めて施術終了。

4回目(一週間後)
今週は片頭痛になりそうな予感だけで、実際に頭痛が出ることは一度もなかった。胃と小腸の異常反応を解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。施術間隔を伸ばしていく。

5回目(二週間後)
2週間の間に頭痛が1度出ただけで、後は頭痛前の予兆なども出なかった。胃の異常反応を解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。

6回目(三週間後)
今回は頭痛の予兆だけが1度あったが、頭痛そのものは全く出ることなく過ごせている。胃の異常反応を解除し、全身を鍼で緩めて施術終了。

7回目(一ヶ月後)
片頭痛の予兆もなく元気に過ごせていた。全身を鍼で緩めて施術終了。内臓の異常反応も出なくなったため今回で卒業とした。本人の希望でメンテナンスへ移行。

 

<まとめ>
内臓の不調から片頭痛が出ていた症例。

片頭痛になる方の10%ぐらいの方が、内臓系の問題で出ている片頭痛であり、割合としてはそれほど多くないが、このタイプの片頭痛は首や肩こりの改善を行ってもほとんど効果がない。肩こり、首こりがそれほど深刻ではないことを確認しておくと判別しやすいが、片頭痛と関係なく肩こりや首こりになっている方では判断が難しい。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

頭痛の改善について詳しく解説していますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました