首から肩甲骨にかけての痛みで来院された40代女性(浜松市)の鍼灸症例

<初診時のカウンセリング>

昨日の朝目が覚めたら、突然右の首筋から肩甲骨にかけて痛みが出るようになり、あまりの痛さに病院へ行ってレントゲンを撮ったが首がストレートネックになって軟骨がすり減っているから痛いとだけ言われ、痛み止めとシップを処方された。

結局、近所の接骨院へ行ったが電気を当てて、マッサージを受けたがほとんど変わらず、今朝から首が動かなくなってしまい当院へ来院した。

鍼灸は初めての受診である。

首から肩甲骨にかけての痛みで来院された40代女性(浜松市)の症例

 

<施術内容と経過>
経過を聞いていると、寝違いのようにもみえるが首を触ると熱感があり炎症が起こっている。昨日の朝の段階から炎症があったのか、接骨院で受けたマッサージが原因かは不明。腰の筋肉がかなり凝り固まっており、かなり前から腰が首を引っ張っていて、たまたま昨日の朝型耐えきれなくなって痛みが出たのではないかと考えて施術を開始した。

初回
まずは首の炎症を鎮めなくてはいけない為、根本原因の方は今日は触らず炎症が起きてしまっている首周辺の炎症の鎮静化を行う。施術後、動きやすくはなり痛みも軽くなった。しかし、深部の炎症までは鎮静化できなかった為再び痛みは強くなってくるので2日後に来院して頂く。

2回目(2日後)
前回の施術後、言った通り、痛みが再び出るようにはなってきたが、首が全く動かない状態ではなくなっている。再び炎症を鎮める処置と、根本原因である腰の筋肉をゆるめて施術を終了した。

3回目(一週間後)
首の痛みはほとんど出なくなり、肩甲骨のあたりに痛みが残る程度となった。首が軽くなったのに腰が新たに痛くなってきたとのこと。前回、腰の筋肉を軽く緩めていた事で首の痛みの根本原因には影響が出たので首の方はかなり改善したが、腰の周辺の筋肉及び神経に血液が回って、悪いのに痛みがわからなくなっていた状態から、腰が悪いことを自覚できるようになってきたようである。
腰の筋肉をゆるめることを中心に施術を行う。

4回目(一週間後)
腰全体が痛かったのが、左側だけに痛みが集中してくるようになったとのこと。腰は左右の筋肉のバランスがまだ不均衡で、しばらく右に痛みが出たり、左に痛みが出たり移動することを伝え、腰中心で施術を行う。施術後は痛みは消失する。

5回目(一週間後)
3日間ぐらいは痛みがあちこち移動していたが、昨日ぐらいから腰の痛みもほとんど感じなくなり、首や肩甲骨周辺はずっと楽に過ごせているとのこと。施術間隔を広げていく。

6回目(二週間後)
時々、腰に痛みを感じることはあったが、気が付くとすぐに消えている状態で、日常生活上は楽に過ごせているとのこと。腰を中心に筋肉のバランス調整を行って施術終了。

7回目(二週間後)
今回はほとんど、腰痛もなく過ごせていたとのこと。腰の筋肉のバランスもまずまずの位置に収まってきている為、一ヶ月後に問題なければ卒業とする。

8回目(四週間後)
約一ヶ月間をあけたが、首や肩甲骨周辺も腰も問題なく快適に過ごせている状態とのこと。腰の筋肉バランスも安定している為、
今回で卒業とした。

<まとめ>
腰から首の筋肉が引っ張られていたことが原因の症例。

寝違いのような症状は一週間もすれば炎症が治まって自然に感じなくなるが、腰の筋肉を緩めておかないと頻繁に再発する為、首の痛みが良くなったからと言って卒業させてしまうと、スグに痛めて再度来院を繰り返すので注意が必要である。

※こちらの記事は症例であり、全ての方に効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

タイトルとURLをコピーしました